あさなぎとは

あさなぎとは

  • TOP
  • あさなぎとは
Scroll

靖國神社崇敬奉賛会(以下、崇敬奉賛会)を母体としております。
部員は崇敬奉賛会会員で任意で入部した十八歳以上四十五歳未満の青年達です。

あさなぎは本部と関東、関西の二支部で構成されております。
部員は在住地に近い支部に自動的に所属しますが行事には支部に関係なく参加が可能です。

さらに詳しい内容は下記をご参考ください。

入部方法はこちらをご覧ください。

名称の由来

Origin

神前神楽「浦安の舞」の歌詞でもある昭和天皇御製より拝戴しました。

天地の神にぞいのる朝なぎの
海のごとくに波たたぬ世を

「浦安の舞」は昭和十五年(1940年)十一月十日に開かれた「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせて作曲作舞された神楽舞です。当日の昭和十五年十一月十日午前十時には全国の神社で奉祝臨時祭が執行され、「浦安の舞」は一斉に奉奏されました。以来、「浦安の舞」は今日でも靖國神社はもとより、多くの神社などで盛んに奉奏されております。

平和を祈る御製の中から、特に「朝なぎ」という語は、「朝、海上の波が穏やかになり、波が静かになること」(『全訳古語辞典第二版』旺文社)という意味で、平和であるという意味として解釈ができることから、恒久の平和を祈念するための本会の活動方針に合うとして、『朝なぎ』が最もふさわしいのでは考えられました。

しかし、御製をそのまま戴くのは畏れ多いことと、平仮名で統一した方が解釈の幅を持たせることが出来ること、神道では漢字での読みよりも、平仮名で幅広く解釈することがあること、字より発音を大切にする言霊信仰があること、さらに子供から大人まで、年齢を問わず本会の活動に参加して欲しいという希望を込めて、本会名称は、平仮名で『あさなぎ』とすることに決定しました。

部長挨拶

Message

 平素より当部へのご理解、ご協力を頂き誠にありがとうございます。
 靖國神社崇敬奉賛会青年部「あさなぎ」部長の相澤守です。
 当部は、平成十八年二月に創設された靖國神社崇敬奉賛会の青年組織です。次代の靖國神社を支え、御祭神である英霊への奉慰顕彰の思いを後世に伝えていくことを目的としています。当部の起こりは、若者同士がインターネットを使って靖國神社や英霊についての意見を述べ合う同会のオンラインクラブ(現在は廃止)の中で、若いけれども靖國神社や英霊に対して何かご奉仕できることはないか、そのような篤い思いをもった青年達が、当初五人で立ち上げたのが始まりです。
 主な活動としては、勉強会と奉仕活動がございます。靖國神社境内の清掃奉仕は、御本殿周りに特別に参入しての奉仕になりますが、御本殿の間近でご奉仕できる奉仕団体は当部含めて数団体のみです。とても有難い機会と受け止めております。
 当部の活動に興味のあるの方はご一緒にご参加頂ければ幸甚に存じます。靖國神社でお会い出来る日を部員一同楽しみにしております。

活動内容

Activities

青年部では下記を基本とした活動を行っております。 関東支部と関西支部で別れておりますが所属に関係なく参加が可能です。

関東支部

  • 靖國神社の春季大例祭前、秋季大例祭前、年末の清掃奉仕
  • 靖國神社崇敬奉賛会主催公開シンポジウムの助勤
  • 戦友の方をお招きした勉強会の開催
  • 皇居勤労奉仕

関西支部

  • 護国神社の春季大例祭前、秋季大例祭前、年末の清掃奉仕
  • 第一線でご活躍する有識者の先生、戦友の方をお招きした勉強会の開催
  • 京都御所勤労奉仕

これら以外にも様々な活動行っております。下記の資料もご参考ください