‘40?49歳’ タグのついている投稿

安らかに大きくなれ

2012年10月15日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 田村 清 命
  海軍大尉 田村 清 命
  昭和十九年十月二十七日
  比島レイテ島東方
    サマール島沖にて戦死
  千葉県安房郡瀧田村出身
  四十四歳

愛する良子(よしこ)、恭子、光子、和代よ。
父なしとて悲しむなかれ。父は聖戦に於て、名誉ある戦死をしたのだ。
御前達は、生前の父をよく知るまい。良子も恭子も永久に記憶に残る程の印象はあるまい。然し、父は御前達の健康さうな、いとしい幼顔が、印象にハッキリして居る。
父は、作業地(訓練地)にあるときも、戦場にあるときも御前達のなつかしい姿を思ひ浮べては、元気を出して居た。
父は、御前達が揃って健康で、満足な五体を所有して居るので、何の懸念もない。安らかに戦死が出来る。
児等よ!安らかに大きくなれ・・・大きくなったら母の意に背かず、父を辱かしめず立派な日本の女性として雄しく生きて呉れ。
姉妹は仲よく結束して、一人の母を守れ。(中 略)
「父恋しくば?國神社へ」とは、父も映画でも見た。本当にさうだ!御前達も名誉の遺児として、社頭の対面もさして頂けるだらう。其の時は、肩身を広く九段に来て呉れ。(中 略)
言ひ遺す事は夫れ丈だ。皆シッカリ育て!
 十一月
               父より
愛する児供達へ

   【平成二十四年十月靖国神社社頭掲示】

靖国神社デ祈ッテヰマス

2009年11月18日 水曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

靖国神社デ祈ッテヰマス

        陸軍少佐 池亀 重作 命
        昭和十七年十一月二十三日
        ソロモン群島ガダルカナル島
         九〇三高地附近にて戦死
        新潟県西頸城郡磯部村出身 四十歳

父ヨリ
惠子ヨ、可愛イ惠子ヨ。
父ハ惠子ガ早ク大キクナリ、立派ナ人ニナリ、御國ノタメニ働クコトヲ祈リマス。
母ノ教ヘヲヨク守リ、誰ニモ負ケヌ様ニ、オ勉強シナサイ。
「努力ハ天才ニ優ル」ト言フ事ヲ念ニ収メ、偉イ人ニナッテ母ニ孝行ヲシナクテハナリマセン。
父ハ東京ノ靖国神社デソレバカリ祈ッテヰマス。

【平成二十一年十一月靖国神社社頭掲示】

皇国に殉ずる機、到来す

2009年9月18日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

皇国に殉ずる機、到来す

       海軍大尉 中田 庄平 命
       昭和十九年九月二十一日
       フィリピン群島マニラ湾附近にて戦死
       富山県東礪波郡種田村出身 四十二歳

愈々皇国に殉ずる機、到来す。武人の本懐何物か之に例へん。偕老を契る七年余、逆境にあること尠なからざりしに、赤誠以て克く後援の労を尽したるを感謝す。茲に一言述べて、将来準拠すべき点を明かにし、別辞となさんとす。

一、博明を十二分に養育し父の素志を継がしむる事
二、母上に孝養を尽されたし
三、良縁あらば再婚差支なし
四、健康第一、誠心を以て世に処せよ
五、博明、年到らば別紙を渡し激励されたし

はゝを立て わが子培(つちか)ふ 誠こそ
 男(お)の子にまさる 大和なでしこ

閘北総攻撃に際して 庄平
たか子どの 

【平成二十一年九月靖国神社社頭掲示】