‘30?39歳’ タグのついている投稿

遺 書 状

2014年10月24日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 小松 進 命
  昭和十八年十月十六日
  ニューギニアにて戦死 
  長野県諏訪市出身
  三十五歳

一、君ニ召サレテ屍ヲ戦野ニ曝スハ固ヨリ武人ノ本懐ナリ

一、盡忠ノ大義ニ生ク晴天ノ如シ

一、忠誠ノ士ハ純情ノ孝子ナリト祖先ノ遺風ヲ顕彰セン

一、残レル妻ノ使命ハ孝養ト子等ノ教育ナリ

一、昭夫ハ承継ナリ重夫・恭夫ハ大陸ニ勇飛セン

一、久子ニハ良縁ヲ

一、今ニシテ各位ノ好意ノ大ナルニ比シ恩ニ報ユルナカ
  リシヲ

一、各位ニ宜敷ク

   昭和十六年八月
                     進
妻へ

  【平成二十六年十月靖國神社社頭掲示】

遺書

2014年7月21日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍曹長 三浦 武男 命
  昭和○十○年○月○日
  マリアナ諸島サイパン島で戦死
  愛知県愛知郡豊明村出身
  三十歳

一枝
長い間、色々と御世話になりました厚く御礼申し上げます。
此の御恩は、いつまでも忘れは致しません。
今日の日の有ることを既に覚悟してゐて呉れたことと思ふ。
戦死したならば、御國の為と喜んで呉れ。笑って大東亜建設の投石となって戦死致します。
一枝や淳、又、生れ来る子供のことを思ふと夫として、又、親として何らの責任も果たさず、幸福にさせることが出来なかったのを唯一つ心に残り、可愛さうに思ひますと共に、済まない思ひが致しますがこれも御國の為と泣かずに喜んで呉れ。
たとへ、此の身は戦場に於て露と消へても、魂となって祖國を守り一枝や淳、又、生まれ来る子供を守って居ります。
信じ切って居る一枝。私が常に言って居る様に、正しい道をふみ行なって天地に恥じざる行動をとっていただきたい。
淳と生まれ来る子供を立派に教育し育て、家を継がせて呉れるのを草葉の蔭から祈って居ります。逢ひたくば、靖國の杜に来て呉れ。待って居ります。
                 武 男

昭和十九年五月二日
一 枝 殿

  【平成二十六年七月靖國神社社頭掲示】

新生を信じやう(遺稿)

2014年7月7日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍憲兵軍曹(中支派遣参謀部嘱託) 黒沢 次男 命
  昭和二十二年八月十二日
  上海にて法務死
  栃木県黒羽町出身
  三十四歳

遺稿
 夕暮れが来ると私は今日だけはやつと死なずにゐたと思ふ。そして宵闇が迫る頃は明日の心構をせねばならない。朝が来ると着てゐるものを全部取りかへて素裸になつて冷水で体をふき清潔なものを身につける。洗面と同時に洗濯、さあ今日は来るかと、机に向かつてうわ言集を書く。歌を作る。そして昼まであと二、三時間ある。そして夕方を迎へる。
 こんな張り詰めた生活、満月に引きしぼつたやうな心の緊張を保ち乍《なが》ら送る一日、私は幾日、幾十日、この生活をつヾけなければならないのだらう。一日、一日の集積が人生であるとは云へ。

         ―― ◇ ―― ◇ ――

 この一瞬々々を積みて一日として生きてゐる現在、この瞬間々々を刻む秒は私の生命に喰入つてゆく。恐らく死の陰惨さのみに心を注いでゐなくてはならないとしたら発狂してしまうだらう。永遠の沈黙のみに戦慄してゐるならば窒息してしまふだらう。恐れてはならない。戦慄してはならない。目先の現象にも心患《わずらわ》して迷ふ心。
 見よ、十万年前の夕空もきつとこんなに美しくあつたらう。百年前の雲もきつとこんなに輝しかつたらう。またヽく星、美しき月、かれんな虫の声、自然はわれには少しもかヽはりはない。
 うたかたの人生に悲しみ歎きて永遠を見得ざるわれ、この室に挿されたくちなしの花とてやがては散る。然れども来る夏には再び花を開きて芳香を放つであらう。昨夜のけらは死んでしまふかも知れないが新しいけらがまた昨夜と同じやうにまた鳴いてくれるであらう。われら人間とて永遠に絶える事はあるまい。再生を信じやう。新生を信じやう。理論も理窟もいらない。この小さなくちなしの花の美しい生命と、この毎晩鳴いてくれるけらの生命の根底がわかるまでは、人が生まれてくる生命の神秘が実証されるまでは、私は無条件で再生を信ずるより外はない。これを否定する何ものもない。息詰るやうな苦しみはたヾ生の欲求のみがなせる業だ。何番何番と、死の伝令の呼出しが来れば、私は静かに再生の第一歩をこの監房の扉より踏み出すであらう。その時は、絶対感のみが支配する。
  (後略)

  【昭和四十一年五月靖國神社社頭掲示】

遺 言 書

2014年5月19日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍准尉 喜多 富夫 命
  昭和二十一年五月二十三日
  シンガポール・チャンギーにて法務死
  大阪府茨木市大字道祖本出身
  三十歳

国に生を禀《う》け最後の筆を執る。
拾有余年、軍隊生活を満洲、支那に将又《はたまた》南方戦線に移戦、敢闘茲《ここ》に御慈悲深き御両親、血肉分けたる兄弟及び妻子より先逝し、従容《しょうよう》として死に就き国家の礎となる。
思ふに生を稟《う》くる間、御情け深き御両親の御意志にも副《そ》ひあたはず、実に申訳なく存じます。
脳裏を故郷に回顧せば隆々たる喜多家に生ひ立ち、彼の家屋、彼の門其の幼相面影懐かしく、唯感慨無量に堪へず、私の死は決して万人に恥づる事なきを堅く誓ふ。
細部は必ず誰か達すると思考するも、天は知り神も能《よ》く能く御存じの筈です。私生存中の気質承知の筈、信じて下さい。唯々世間に与へる風評其れのみが非常に心配であり、心残りであります。
亦、血肉わけたる兄弟の安否を気遣ふ。
 沖縄九州方面に奮戦中の吉治兄は?  原子爆弾に依る広島の敏時兄は?
 ビルマ方面に勇戦敢闘中の一夫弟は? 国土防衛空の荒鷲の勉弟は?
皆夫々推察する時、生死を超越し御両親の御膝下《しっか》に帰しあるを神掛けて祈るのみです。
(中  略)
命日は昭和二十一年五月二十三日と思考。連合国軍より遺品として将校用絨製《じゅうせい》軍衣袴(私製)を送付せられる筈。当服は小官常時着用せるものであります。
最後に喜多家御一同様の隆替《りゅうたい》と万福を祈り、之を守護す。
  昭和二十一年五月二十三日 三時書く
               陸軍准尉 喜多富夫
喜多佐太郎様
同  キト様
御一同様

  【平成二十六年五月靖國神社社頭掲示】

自分ノナマヘカケマスカ

2013年8月19日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍上等水兵 吉田 勝 命
  昭和十九年八月十日
  マリアナ諸島方面にて戦死
  東京都北区田端町出身
  三十六歳

明子チャン、大変ニオリコウサンニ、ナッタサウデスネ。
オ父サンハ、ヨロコンデヰマス。
ヨク通子トモ遊ンデヤルトノ事。
オヂイサン、オバアサン、オ母サンノ云フコトヲヨクキイテ、マスマス良イ子ニナッテ下サイ。
オ父サンモ、ココカラ元気ニ、ヘイタイサンニナッテ、見テヰマス。
塗絵タイヘンヨクデキマシタ。
モットモットカイテ、ナニカヒトリデ、カイテ下サイ。
自分ノナマへカケマスカ。
マダムリデスカ。
マタ、オモシロイハナシヲ、タクサンキカセテアゲマス。
通子、順子ニモヨロシク。
                    サヨナラ
                    父ヨリ
明子チャン

   【平成二十五年八月靖国神社社頭掲示】

直《すなお》なる道を歩め

2013年7月8日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍衛生兵長  中元 ? 命
  昭和二十年七月五日
  比島ミンダナオ島ブキドノン州
  マナゴック東北方にて戦死
  兵庫県神戸市葺合区北本町通出身
  三十二歳

大日本帝国に生を享《う》けし者、誰か国に報ゆるの心な
かるべき。
此の度、栄《は》えある御召《おめし》により皇軍の一員に参加す。
男子の本懐なり。生還期し難し。
茲《ここ》に書を認《したた》め、遺書とす。
余が妻、余が子として直なる道を歩めと教ふるのみ。
人間は、万物の霊長なり。
何時如何なる時も、人の道を正しく進め。
富貴《ふうき》も名誉も余の望みに非ず。只々人間らしくと望
むのみ。
?進《きよゆき》よ。如何なる方面に志すと云へど、其の本分を
全うせよ。
子としての務めを果せ。先づ健康なり。
じつゑよ。汝は子の母で有り、親の子也。
十二分、子の素質を伸ばすと共に、子としての務め
を尽せよと願ふのみ。         
                   終り

  昭和十九年四月二十九日

                中元 ? 書
? 進
   殿
じつゑ

  【平成二十五年七月靖国神社社頭掲示】

遺書

2013年6月17日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 小野寺 ?治 命
       昭和二十年六月十三日
       沖縄島方面にて戦死
       宮城県栗原郡有賀村出身
       三十九歳

  日本に 生を禀《う》けし 男子が
       御盾となりて 散るぞ嬉しき

生ある者は必ず死す。国難に殉ずるは男子の本懐、之に過ぐるなし。喜んで殉ず。
軍人の妻として、今日あるを覚悟し、決して取乱すべ可らず。
余の亡き後は軍人の妻として、恥かしからざる生活をせよ。
博重は、必ず海陸軍人と致す様、養育すべし。
浩子は、婦女子として恥かしからざる教育を致させ、良縁があったら嫁《とつ》がすべし。
御腹の子供が男子であったら、博重と同様軍人に致し、女子の場合、浩子同様嫁がすべし。
余の亡き後は、速やかに帰郷致し、養父母に孝養を尽すべし。
決して世間の人様から後指を指されない様、心得る可し。
余の肉体は滅す共、精神は護国の鬼と化して朝敵を亡ぼす。
浮世の荒波に打ち勝って、子供の教育に専心すべし。
御前達の幸福を見守る。
右、遺言す。
昭和十五年十一月二十九日
                      ?治
 悦子殿
                      終り
      【平成二十五年六月靖国神社社頭掲示】

更級横多神社社頭に於いての出征挨拶

2013年5月20日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 望月 重信 命
       昭和十九年五月二十二日
       フィリピンにて戦死
       長野県更級郡篠ノ井町出身
       三十五歳

本朝はかくも早々皆様の熱誠なる御歓送をいただきまして、まことに感謝に堪へません。私は皆様の御心に報ゆべく、必ず全力を尽して御奉公を致す覚悟であります。
今やこの非常時は、今までの戦争の様に、単に世界の地図が塗り変へられるといふ丈のものではありません。世界人類の歴史の上に、数百年の大きな時代を画して、人類の人生観が、国家観が、世界観が、政治の上にも、教育の上にも、経済の上にも、芸術の上にも、宗教の上にも、その他一切に大ひなる飛躍をなさむとしてゐるのであります。新らたなる世界が、我が皇国日本を母体として生れむとしてゐるのであります。(中略)
戦死すると云ふ事は、人生本来の約束から観れば、それ程驚く可き事でも、またさして悲しむべき事でもありません。増してや、天皇の御為にこの一命を捧げます事は、日本男子の本懐であります。吾等は只、この生れては死に、死んでは生れてゆく悠久なる人生の連鎖に於て、如何にして永遠の生き甲斐に生き、さうして不滅の死に甲斐に死ぬかと言ふ事であります。(中略)
私は本日、大命を拝して勇んで戦線にのぞみます。もとより生還は期して居りません。
然し、私達をして死に甲斐あらしむるか否かは、あとに残られた皆様の責任であります。今後まだまだ大なる、それこそ非常なる艱難が国家の上に、皆様の上に、必ず振りかゝって来るのでありませう。その時になって、どの様な苦しい事があっても、皆様は決してへこたれたり、悲鳴をあげるやうな事があってはなりません。どうかこの事をこの社前におきまして、くれぐれもお願ひ致しまして出発のご挨拶と致します。終りにのぞみまして、村内皆様の御健康を祈ります。
                      終り
    昭和十四年五月一日

   【平成二十五年五月靖国神社社頭掲示】

今生のお別れに言ふておく(応召に際し嬰児《ちのみご》に遺《のこ》す)

2013年2月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍上等兵 西山 進 命
  昭和十三年十月二十一日
  南支広東省黄草嶺附近にて戦死
  山口県豊北町出身
  三十五歳

 十三年ぶりに生れた清子。
 お前は、父の為には義理ある母上様、お前の為にはババさん、この義理あるババさんのお手にて育てられる。
 その御恩は決して忘れてはなりません。父の分までも共に御恩報じをして下さい。
 両親がないとて、必ず肩身をせまくすることはない。御國の為に父は名誉ある義務を果たしたのです。
 次にお前の母は病身であつた。本年(昭和十二年)一月四日、お前を生み、喜ぶ間もなく五月三十日、百四十六日ぶりに死なれたのです。
 これ今生のお別れに言ふておく。
                              さやうなら

清子どの                           父より
    (長女出産、間もなくして妻の死にあひ、その直後 応召す)

                           【昭和四十二年四月靖国神社社頭掲示】

私の正反対な性格の人間になつて呉れ(グアム島の遺書)

2013年1月6日 日曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍軍属 石田 正夫 命
  昭和十九年八月八日
  グアム島にて戦死
  兵庫県加東郡東条村出身
  三十七歳

 昨夜子供の夢を見て居た。父として匠に何をして来たか。このまま内地の土をふまぬ日が来ても、何もかも宿命だとあきらめてよいだらうか。おろかな父にも悲しい宿命があり、お前にも悲しい運命があつたのだ。
 強く生きてほしい。そして、私の正反対な性格の人間になつて呉れる様に切に祈る。
                             合 掌

 三月○日 内地の様子が知りたい。聞きたい。毎日、情勢の急迫を申し渡されるばかり。自分達はすでに死を覚悟して来てゐる。万策つきれば、いさざよく死なう。

 本月の○日頃が、また危険との事である。若(も)し玉砕してその事によつて祖國の人達が少しでも生を楽しむ事が出来れば、母國の國威が少しでも強く輝く事が出来ればと切に祈るのみ。
 遠い祖國の若き男よ、強く逞(たくま)しく朗らかであれ。
 なつかしい遠い母國の若き女達よ、清く美しく健康であれ。

  【昭和三十九年十一月?國神社社頭掲示】