‘20?29歳’ タグのついている投稿

笑って護国の花と散ります

2014年3月17日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍上等兵 ?山 晴次 命
  昭和十七年三月七日
  ビルマ国ペグーにて戦死
  香川県小豆郡四海村出身
  二十四歳

母上様。長らく御世話に成りました。
此の二十一年間、何一つ喜ばし、又、安心させた事もな
く、只御心配ばかり掛けまして誠に申訳御座居ませんが、
日本男子と生れて国防の第一線に立ち、男として一花咲
かせます。東洋永遠平和の為、散らして行きます。此れ
日本男子の本懐で有ります。
すでに母上様も入営当初より御覚悟は出来て居る事と思
ひますれば、私も何一つ思ひ残す事なく、笑って護国の
花と散ります。
なほ、もし私の骨が帰ったなれば只一言、よく死んで呉
れた。あっぱれと褒めて下されば、なほ嬉しく思ひます。
私の石碑は、ほんの印《しるし》だけで結構です。故、残金は全部
国防献金して下さい。
(中略)
茂君も丈夫で、立派な帝国海軍軍人と成って、海に活躍
せられん事を祈る。
孝江も真面目に働いて良き夫に付き、幸福に暮らされん
事を草葉の陰より祈る。
又、兄上様一同に色々と心配を掛けた晴も、だうやら一
人前の日本男子と成った様です。
私も此れに越したる喜びは有りません。
だうか母上様をよろしく御頼み致します。(後略)

                      晴 次
母兄弟妹様

  【平成二十六年三月靖國神社社頭掲示】

妹への便り

2014年2月17日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍二等整備兵曹 宗像 富男 命
  昭和十九年二月六日
  南洋群島にて戦死
  福島県石川郡蓬田村出身
  二十四歳

喜久ちゃん、しばらく。御無沙汰しましてすみません。
私もますます元気で御国の為に働いてゐますが、喜久ちゃんは元気ですか。
さうして毎日学校に通ってゐますか?
月日の経つのは早いものですね。御別れしてから早二年。
その間によく先生の言ふ事、御父さん御母さんの言ふ事を聞いて立派に、そして大きくなったでせう。
あへるものだったら本当に逢ひたいです。
今はいそがしいから学校から帰ると子守でせう。
でも子守をしながらでも良く勉強しなくてはだめですよ。
コウちゃんも元気でせう。
みんな仲良く暮しなさいね。
では又、何時《いづ》れ。

  【平成二十六年二月靖國神社社頭掲示】

六月のチラン(祖國よさらば)

2014年2月3日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 枝 幹二 命
  第六航空軍司令部
  昭和二十年六月六日
  沖縄方面にて戦死
  富山県出身
  二十三歳

(六月五日)
あんまり緑が美しい
今日これから死に行くことすら忘れてしまひさうだ
眞青な空
ぽかんと浮ぶ白い雲 六月のチランはもうセミの声がして夏を思はせる

“小鳥の声がたのしさう俺もこんどは小鳥になるよ”日のあたる草の上にねころんで杉本がこんなことを云つてゐる笑はせるな

本日一四、五五分
いよいよ知ランを離陸する なつかしの祖國よ
さらば
使ひなれた万年筆を“かたみ”に送ります。

  【平成十五年六月?國神社社頭掲示】

書き遺す事

2014年1月20日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍上等兵 吉野 浩藏 命
  昭和二十一年一月三十日
  ソ連シベリャセミノフカ地区
    第十二収容所にて戦病死
  新潟県柏崎市日角出身
  二十一歳

此の期に及んで何も書き遺す事も御座なく候へども、此の世の名残に一筆書き残し候。
万一小生戦死の報行くも、小生は欣然《きんぜん》として国難に殉じ、笑って帝国の礎石となり候間、決して嘆く間敷《まじく》候。
顧れば生を受けてより二十年、只御厄介になるのみにて、何一つとして親孝行も致さず、今更ながら後悔の外無之《これなき》候。
然しながら忠孝一本とか君に忠なる事、即ち親に孝と存じ候。
我軍の戦況、愈々不利に相成候へども、小兵等は日本の国民として情勢の如何に拘らず全力を尽して、自己の任務に邁進すべきと存じ
候。
夜青白き月光の木陰よりもるゝを見れば、想ひは遠く故郷の空にはしり申し候。
小生の亡き後も皆様には、帝国軍人の遺族として見苦しき事のなきやう、勝利の日迄仇敵米英の撃滅に邁進致され度候。
簡単乍《なが》ら右を以て遺書と致し候。
 
昭和二十年六月二十一日 十四時
      箇山(済南の南約十五里)にて
      雨の音を聞きつゝ
                          吉野浩藏

  【平成二十六年一月?國神社社頭掲示】

國破れて学問なし(今ぞペンを捨て銃を執る)

2014年1月6日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍曹長 池田 忠雄 命
  昭和二十年七月二日
  比島中部ルソン島にて戦死
  山形県酒田市東中の口町出身
  二十三歳

 昭和十八年九月二十六日
 学徒出陣する時は終《つい》に来た 徴兵猶予の停止 文科系系統の学校の閉鎖
 来るべきものが終に来たのだ 吾等はペンを捨て学業半ばにして銃を持つ 愛する祖國のために戦はねばならぬ 深海の底のやうな静けさだ さうだ總《すべ》ての過去を清算して 真の逞《たくまし》き日本男児となり 永遠の将来に生きねばならない 自分一個の肉体は一時的かも知らないが 自分の霊魂は人類平和を目標とする正しき民族精神の中に永遠に生きることであらう
 國破れて学問なし 美しき祖國の山河なし 吾等学徒の立つべきときは今ぞ!! さうして敵と生死の一戦をまじへ断じて断じて勝たねばならぬ
 死ぬ前に心残りなく 故郷の空に山に河に海に遊びまはつてよく見ておかう 俺の苦しいにつけ楽しいにつけ黙示のうちに慰め励ましてくれた大自然だ 俺を清く正しく大きく育て上げてくれた美しきあの山 あの河を!!
(後略)

  【平成十一年七月?國神社社頭掲示】

吾々の神聖さがあります

2013年12月16日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 矢野 徹郎 命
  昭和十九年十二月七日
  比島方面にて戦死
  愛媛県越智郡津倉村出身 二十五歳

お便り有難う。お元気何よりです。愚生相変らずにて大空を翔けて居ります。
早いものです。一年余の歳月が流れました。
大祭も近づく頃!肌寒い風の吹く頃は、常に駅伝のことを思ひます。
日一日と風がつめたくなるに従って、練習も苦しくなって行った。
山田は実に懐かしい土地です。一木一草、思出でないものはありません。
宮川、御幸みち、塚山の下宿生活、山寮の思出、古市時代、親しき友。
友の姿を偲びつつ、弛みがちなる心を引締めてゆく。大空を翔ける心、既に何人かの屍をのり越へて来た。
日々の訓練は生命がけであります。訓練が生命がけであるだけに、戦友との結びは兄弟以上のものがあります。学生時代の様な子供の遊びの域を脱し、
最早大人の時代へ遷らせます。
吾々の生活…飛行機に乗ったとき、全てを忘れることです。ここに他と異なる吾々の神聖さがあります。
今日は雨で飛行場のエンドがかすんでみえる。はるかに石の鳥居が寂として立ってゐる。
昨日迄立ってゐた幟もとりはらわれた。秋祭りも終った。

    秋祭り 幟はためき 虚空高し

秋の空!なんと大きな心。大空に向って深い呼吸をしてごらん。
身も心も清々しく、己の心も大空の様な偉大さをわきたたせる。
急上昇するとき、淡雲がぐくっと顔前にせまる。
操縦桿を右にとる。大きな円を画いて吾が飛行機はもとの姿勢にかへる。
なんとすばらしい生活ではありませんか。

     醜の御楯

   吾も亦 この鎮宮に 祀れん日もあらんかと 宮造りしみじみ拝す

   五尺の身 ありとあらゆる 力もて 尽しまつらん 醜の御楯は

  【平成二十五年十二月靖国神社社頭掲示】

如何にして美しい死に方をするか(死を前に)

2013年12月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 島 澄夫 命
  神風特別攻撃隊
    第三「八幡護皇隊」艦爆隊
  昭和二十年四月十六日
  南西諸島方面にて戦死
  慶應義塾大學卒
  海軍第十四期飛行科予備学生
  神戸市灘区赤松町出身
  二十五歳

 人間は無から生れて無に帰る。
人間は、如何にしていきるかといふことよりも、むしろ如何にして美しい死に方をするかを探し求めてゐる。
 人間は、自分の生活に未だ美しい夢が残されてゐるうちに死ぬのが、人生の一番幸福な生き方ではあるまいか。
 人間といふものは、何時でも楽に死ねるといふ確信がついて来ると、却《かえ》つていつでも生きてゐたくなるものだ。
 どんな悲しいことも、苦しいことも、割合平気で押しこらへて行くことが出来る。死は一切を清算する。そこには苦しみも、悲しみも、淋しさも存在しない。故に生きてゐる中にうんと苦しんでみやう。悲しんでみやう。
 かく考へれば、一日一日の生に脈々たる勇気が湧き非常に明るい世界が見出されたやうな気がする。腹の底から笑つてみたいやうな、愉快な気持になる。

  【昭和四十六年三月靖国神社社頭掲示】

それは運命だと思ひます

2013年11月18日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長 宗本 琢磨 命
  昭和十九年十一月十一日
  比島カモテス海峡にて戦死
  岡山県苫田郡中谷村出身
  二十三歳

蝉の声かしましき八月の初旬、今昭和十九年八月の始め、友と共に戦地に行かんとするに当り、一筆父上に呈し、不孝を
詫びんとす。(中 略)
何処に行き、どんな事が起っても琢磨はお父さんの子であると云ふことを忘れない積りです。そこから必ず自分の進む可
き、何らかの方向が示されると信じます。
両親が今迄、琢磨を引張ってきて下さった強い強い力は、やがて琢磨が自分一人で押進んでゆく強い力と成ると信じます。
風波荒い社会、つくづくさう感じます。波静かな両親の港に憩ふときのみ、琢磨は何もかも忘れて安らかな気になります。
淋しい、さう云ひたい今の気持ちです。いくつになっても、やっぱり親程よいものはこの世にないとつくづく思ひます。
戦地の病院で息を引取る病人が、最後に云ふことばは「お母さん」の一声です。
いつまでもいつまでも、親のもとにいたい、さうした気持ちで一杯なのです。
然し、男である以上、まして父の子である以上、日本の男の皆やることは死んでもやらねばならないのです。お父さんの云はれた通り、必ず死ぬ人間で有る以上、どこでいつ死んでもそれは運命だと思ひます。
幸にして妻子はなし。唯々両親様の健康は、一日も長くすこやかなれと祈るのみです。
其の日、其の日の最善を尽しつつ琢磨は元気で行ってきます。
決して進んで死を望むやうな琢磨ではありません。
然し、死す可き時には潔く死にます。其れが男子の一生として、亦、両親様も一番喜んで下さる道と信じます。
美佐子、綾子もよくよく両親様の注意を守り、立派な女性となるやう。

昭和十九年八月四日 朝

琢磨

【平成二十五年十一月靖国神社社頭掲示】

可愛い妹へ

2013年10月21日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍飛行兵曹長 三上 春治 命
  昭和十九年十月十二日
  台湾にて戦死
  島根県邑智郡口羽村出身
  二十二歳

安ちゃん、懐かしい御便り有難たう。
元気で産業戦士として踏み出した由、兄さんは心から祝福してやる。元来勝気な安ちゃんだから、少々の苦しい事辛いこと位、我慢して御国の為に働くものと確信してゐる。
同封の金はほんのわずかだが、兄さんの心尽しの御祝と思って受取って呉れ。どんな困難なことにぶつかっても、若さと意気で押通す。くよくよ考へたり嫌だと終始思ってやってゐると、仕事に負けてしまふ。
我々日本国民は、皇国に生を承ける喜びと誇りを持って、喜んで難事に当たって行け。環境が変って窮屈なこと、やりにくいこと、又、急に親の下を離れて淋みしい心等、邪魔する目に見へない敵はあるけれど、安ちゃんも三上家の子だ。
兄さん達三人共、立派に軍人として御奉公してゐるのだ。女でも兄達に、なに負けるものかと云ふ旺盛なる負けじ魂で掛って行け。
日本人である以上決して忘れていけない大君の御恩、そして父母の恩、いくら忙しくとも年老いてゐる父母は、口羽の土地から常に安ちゃんのことを心配して居られると謂ふことを忘れず、余暇を利用して家に便りを出せ。(中 略)
戦野の兄二人は、元気で居られるから安心してやれ。兄さんも、今では可愛い雛鷲の教育で忙しいが、至極元気だ。呉々も注意するが、自分の体を傷つけたら、之は大きな国家への不忠だから、充分気をつけて作業に当れ。仕事にやうやく馴れる時、心に大きな隙が出来る。大いに自重してやれ。
末筆だが安ちゃんの健斗を祈る。
可愛い妹へ

     三重県鈴鹿海軍航空隊
     第十二分隊教員室 兄より

  【平成二十五年十月靖国神社社頭掲示】

武家の家人らしくすべし(弟達へ)

2013年9月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍上等主計兵曹 白井 武男 命

  軍艦「摩耶」乗員
  昭和十七年十一月十四日
  ソロモン諸島方面にて戦死
  茨城県出身
  二十一歳

(前略)
 かはいい弟達、我が家には我が家のハッキリした精神がある。何年か後は貴殿等も軍人に成るはずなり。それまでは一心不乱あの精神守り通すべし。
         (中略)
 軍人としては戦場に臨むからは万一の場合を予期せねば成らん。されど幸にして永らへる者は必ず白井家の意志をガッチリと後世に申し送るべし。
 父母の孝養にいそしむべし。父母の心安ずる事が子としての最大の孝行なり。
 困《くる》しさも難しい所を笑つて切りぬけるべし。己を困難は錬磨してくれる。御互に口をつつしむべし。口はわざはひの素なり。一家の秘は決して外言するべからず。功をほこらず、死を悲しまず、武人の家人らしくすべし。涙は絶対禁物なり。泣くは子供の時なり。泣く分笑ふ事が第一なり。絶対軍人の家人らしく態度を保持すべし。

  【平成十七年十一月靖国神社社頭掲示】