‘鳥取県’ タグのついている投稿

妹弟へ

2013年9月23日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長 赤井 稔 命

  昭和十九年九月二十一日
  比島ルソン島バコールにて戦死
  鳥取県米子市大工町出身 
  十九歳

千代枝。元気で勤めて居る事と思ふ。
俺も元気で居る。安心してくれ。愈々出発だ。喜んでくれ。
此の上は、専心御奉公致す覚悟である。
千代も大人になった。母上様をよく手伝って御安心させてあげてくれ。
俺の分も兼ねて孝養を尽すのだぞ。
若い者の陥り易い短所としてと言へば解るだらう。決して其の様なまねはするなよ。
一から十まで孝養だ。それから博の面倒をよく見てやれよ。
仲良く暮すのだ。
お前が病気したら、母上様の苦労は大きなものだ。
体を大切に、孝養を尽くせ。
千代枝殿
        
                       兄

博。元気で勉強の事と思ふ。
俺も愈々南方で活躍するから安心せよ。
体を丈夫にして、よく勉強して立派な者になるのだ。
高等科一年生にもなれば、物事の善悪も知って居る事と思ふ。
此の事をよく弁(わきま)へて、よく遊びよく勉強しなさい。
母上様に孝養を、俺の分も尽す様、確かに申付けます。
姉さんの言ふ事をよく聞ひて、体を大切にしっかり勉強しなさい。
        
                     兄より
博へ

       【平成二十五年九月靖国神社社頭掲示】

大空の白雲を墓標として

2011年4月15日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

大空の白雲を墓標として

       海軍少佐 吹野 匡 命
       神風特別攻撃隊旭日隊
       昭和二十年一月六日
       比島方面にて戦死
       鳥取県淀江町出身
       京都帝国大学卒 二十六歳

遺 言 状

 母上様

 匡は永い間本当に御厄介ばかりおかけして参りました。色々の不孝の上に今又母上様の面倒を見る事もなしに先立つ不孝をお許し下さい。
 昨秋、私が海軍航空の道を選んだことは、確かに母上様の胸を痛めた事と思ひます。常識的に考へて、危険性の少ない道は他に幾等もありました。
 國への御奉公の道に於ては、それでも充分果たされたかも知れません。併し、この日本の國は、数多くの母達の尽きざる悲しみと歎きを積み重ねてこそ立派に輝かしい栄を得て来たし、又今後もこれあればこそ栄えていく國なのです。私の母上はこの悲しみに立派に堪へて、日本の國を立派に栄えさせてゆく強い母の一人であると信じたればこそ、私は何の憂ひもなしにこの光栄ある道を進み取ることが出来ました。私が、いささかなりとも國に報ゆる所のある益良雄の道を進み得たのも、一に母上のお蔭であると思ひます。
 母上が、私をしてこの光栄ある海軍航空の道に於て、輝かしい死を、そして、いささかの御奉公を尽くさせて下さつたのだと誇りをもつて言ふ事が出きます。
 美しい大空の白雲を墓標として、私は満足して、今、大君と愛する日本の山河とのために死んで行きます。

【昭和三十九年七月靖国神社社頭掲示】

白木の箱が届いたら

2008年12月18日 木曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

白木の箱が届いたら

        陸軍伍長 小塩 久夫命
        昭和十九年十二月二十三日
        比島北サンフェルナンド
        北方海域にて戦死
        鳥取県西伯郡大高村出身 二十六歳

(前略)お母様、かうして懐しい御名をお呼びするのも幾度もないでせう。でもお母様、決して悲しんではなりません。久夫は立派な軍人です。母上は、此の久夫のお母様です。(中略)望み叶って、あの靖國のみ社に赴けますならば、香り高く咲きにほふ九段の桜の下でお母さんの訪れを待ってゐます。何一つとして御手助けもする事を得ず、去り逝く久夫を許して下さい。久夫は勇ましく華と散り逝く覚悟です。久夫、死の報あっても決して悲しんではいけません。泣いては兵の母として何よりの辱です。
白木の箱が届いたら、唯一言「久夫よくやった」と莞爾とほめてやって下さい。お母様が育てた鼻たれ坊が晴れてお役に立つときが訪れたのです。久夫はそれを頼りに喜んで靖國の宮に迎へられます。(中略)ではお母様、末永く御幸福であって下さい。久夫は常にお祈りしてゐます。(後略)

久夫より
母上様

 【平成十八年十二月靖国神社社頭掲示】