‘香川県’ タグのついている投稿

笑って護国の花と散ります

2014年3月17日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍上等兵 ?山 晴次 命
  昭和十七年三月七日
  ビルマ国ペグーにて戦死
  香川県小豆郡四海村出身
  二十四歳

母上様。長らく御世話に成りました。
此の二十一年間、何一つ喜ばし、又、安心させた事もな
く、只御心配ばかり掛けまして誠に申訳御座居ませんが、
日本男子と生れて国防の第一線に立ち、男として一花咲
かせます。東洋永遠平和の為、散らして行きます。此れ
日本男子の本懐で有ります。
すでに母上様も入営当初より御覚悟は出来て居る事と思
ひますれば、私も何一つ思ひ残す事なく、笑って護国の
花と散ります。
なほ、もし私の骨が帰ったなれば只一言、よく死んで呉
れた。あっぱれと褒めて下されば、なほ嬉しく思ひます。
私の石碑は、ほんの印《しるし》だけで結構です。故、残金は全部
国防献金して下さい。
(中略)
茂君も丈夫で、立派な帝国海軍軍人と成って、海に活躍
せられん事を祈る。
孝江も真面目に働いて良き夫に付き、幸福に暮らされん
事を草葉の陰より祈る。
又、兄上様一同に色々と心配を掛けた晴も、だうやら一
人前の日本男子と成った様です。
私も此れに越したる喜びは有りません。
だうか母上様をよろしく御頼み致します。(後略)

                      晴 次
母兄弟妹様

  【平成二十六年三月靖國神社社頭掲示】

たゞ母さんだけは 大切にして上げて下さい

2009年12月18日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

たゞ母さんだけは 大切にして上げて下さい

        海軍一等航空兵曹 大西 貞一命
        昭和十四年十二月二十六日
        中華民国甘肅省蘭州にて戦死
        香川県香川郡安原村出身

(前略)身を海軍航空界に投ずる時より今日あるを覚悟はしてゐました。武人として将又光誉ある帝国海軍の航空兵として敵地の空に華々しく戦死してゆく事は、この上なき名誉であり男子の本懐、これに過ぐるはないと思ひます。(中略)たゞ母さんだけはどうか大切にして上げて下さい。お年寄だから精々楽をさして上げて下さい。お小遣を充分上げてお寺に詣ったり、又お母さんの好きな処へ遊びに行かして上げたりして、出来るだけ慰めて上げて下さい。それだけは呉々も兄さんにお願ひ申上げます。(中略)戦死したら、村の小学校の子供が葬式に参列してくれるでせうね。可愛らしい子供がね。それが楽しみです。(中略)
では兄さん、さやうなら。どうかお元気で、しっかり頑張って下さい。
母上様をはじめ皆様の御健康と御多幸を祈ります。

 昭和十四年五月二十五日夜
   再び最后に際して     貞一

市太郎兄上様 

【平成二十一年十二月靖国神社社頭掲示】