‘軍属’ タグのついている投稿

前線の匂ひがみなぎつてゐます(顔を見るだけで満足)

2013年7月1日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍軍属 松村 雪子 命
  陸軍軍属 松村 雪子 命
  昭和十九年一月二十三日
  中国広東省番禺県秀木橋にて戦死
  名古屋市中区西瓦町出身
  第百四師団司令部副官部所属
  二十三歳

(前略)
 昭和十九年の決戦態勢に入りまして、こちらも何だかきびしい空気がただよつてゐます。國民がいよいよ一丸となる秋《とき》が参りましたね。
 先日の臨休の時、野戦病院と陸軍病院を慰問しました。内地とちがつて野戦病院は看護婦さんも無く、殺風景な男の人バカリの灰色の感じが致します。
 私達の差し上げるお花をとても嬉しさうに動けない身体を無理にずらせて瞳の中に嬉しさを一杯あらはしていらつしやる姿には、涙がこぼれます。
 戦地といつても広東は平和そのもので内地より物資も豊富ですので私達も南支へ来てもさほど胸をつくものがありませんが、かうして病院へいつたりしますと前線の匂ひが多分にみなぎつてゐます。私達もその内に前線へ慰問に参る予定ですが何《いず》れも芸無し猿ですから困つて居りましたら、兵隊さんは顔を見るだけで満足だと伺ひます。(後略)
 一月十六日
                               ゆき子
兄 上 様
姉 上 様

  【平成十四年十一月靖国神社社頭掲示】

私の正反対な性格の人間になつて呉れ(グアム島の遺書)

2013年1月6日 日曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍軍属 石田 正夫 命
  昭和十九年八月八日
  グアム島にて戦死
  兵庫県加東郡東条村出身
  三十七歳

 昨夜子供の夢を見て居た。父として匠に何をして来たか。このまま内地の土をふまぬ日が来ても、何もかも宿命だとあきらめてよいだらうか。おろかな父にも悲しい宿命があり、お前にも悲しい運命があつたのだ。
 強く生きてほしい。そして、私の正反対な性格の人間になつて呉れる様に切に祈る。
                             合 掌

 三月○日 内地の様子が知りたい。聞きたい。毎日、情勢の急迫を申し渡されるばかり。自分達はすでに死を覚悟して来てゐる。万策つきれば、いさざよく死なう。

 本月の○日頃が、また危険との事である。若(も)し玉砕してその事によつて祖國の人達が少しでも生を楽しむ事が出来れば、母國の國威が少しでも強く輝く事が出来ればと切に祈るのみ。
 遠い祖國の若き男よ、強く逞(たくま)しく朗らかであれ。
 なつかしい遠い母國の若き女達よ、清く美しく健康であれ。

  【昭和三十九年十一月?國神社社頭掲示】

戦地の兄へ

2011年11月1日 火曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

戦地の兄へ

  陸軍軍属(看護婦) 湯川カツ 命
   昭和二十年十一月三十日
   内地帰還後、本籍地にて戦病死
   新潟県中魚沼郡川治村出身 二十四歳

 叢(くさむら)より聞ゆる虫の音(ね)に、初秋の訪れを一入(ひとしお)深く感じて参りました。
 兄さん、先日はお便り有難う御座いました。
 私も宮ちゃんも相変らず元気にて服務致して居ります故、他事乍ら御休心下さいませ。
 此方(こちら)は内地の彼岸頃の気候で、とても凌(しの)ぎ良くなりました。
 参った当時より、多忙な日々を過して居りますが、仕事にも大分馴れて参り、楽しい日を送り迎へして居ります。
 兄さん今度お便り下さる時は、表記の通りにして下さいね。
 四九六部隊で充分参りますから、お願ひ致します。
 もう時間が迫って参りました。又後にて。
 健康に注意して頑張って下さいませ。
                               かしこ

  【平成二十三年十一月靖国社社頭掲示】

しっかり頑張りなさい

2011年8月1日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

しっかり頑張りなさい

  海軍軍属(学徒)  立川 絹江 命
  昭和二十年八月二十三日
  原子爆弾のため本籍地にて戦傷死
  佐賀県杵島郡橘村出身 十九歳

 安ちゃん。
 お手紙ありがたう。もっと早く返事書かうと思ってゐましたが、なかなかひまがないのでこんなにおそくなってしまひました。ごめんなさいね。
 皆がおりこうさんで暮してゐるので、お父さんも姉ちゃんも非常によろこんでゐます。
 これからも、もっともっとヨイコになってお母さんにお加勢し、お父さん達を安心させなさいね。
 それから尚男ちゃんの病気はなほりましたか。永い間下痢したのなら、やせてしまったでせう。どんなにしてるかしらと心配です。邦子ちゃんはどうしてゐますか。もう大分おしゃべりになってることでせうね。
 安ちゃん。
 もう学校へ行ってゐるとのことですが、学校はいかがですか。なれないうちはいやな日や、つらいこと等あるでせうが、もう一時(いっとき)してるとだんだんおもしろいやうになりますよ。武雄の人に負けぬやうしっかり頑張りなさい。
 それには毎日毎日たとへ少しの時間でもよいから、机に向って予習復習をかかさぬ様になさい。毎日の予習復習を立派にすれば学校の勉強はどんどんおもしろく進みますよ。
 安ちゃんは今からが一番大切な時ですから、分らぬところは勝さんや、望ちゃん、照ちゃん等にきいてしっかり勉強しなさい。
 姉ちゃんも戦争に勝ち抜くまではうんとがんばる覚悟です。ではお元気でおくらしなさい。
   安ちゃんへ
                              さやうなら

                            【平成二十三年八月靖国神社社頭掲示】