‘神風特別攻撃隊’ タグのついている投稿

遺言書

2011年2月18日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

遺言書

         海軍少尉 野村龍三命
         神風特別攻撃隊琴平水心隊
         昭和二十年五月四日
         沖縄周辺洋上にて戦死
         海軍甲種飛行予科練習生第十三期
         愛知県出身 十八歳

         神風特別攻撃隊水心隊
         海軍二等飛行兵曹 野村龍三

古今未曾有ノ國家一大興亡ノ此ノ時沖縄周辺ノ敵撃滅ノ為勇躍征途ニ向ヒマス
生ヲ享ケテ十八年何等ナス事ナク不孝ニ不孝ヲ重ネテ参リマシタ事御詫ビ致シマス
然シ乍ラ今ヤ陛下ノ御楯ト此ノ若キ身ヲ捧ゲ奉ルコトノ出来マシタ此ノ光栄モ一ニ御両親様ノ御蔭デアリマス

辞世

男児等乃燃えて燃えてし大和魂
身は九重乃花と散るらん

 特攻隊愛機ト共ニ搭乗員トシテ死ヲ共ニスルコトノ出来ル無上ノ光栄ヲ今飾レルコトガ出来マシタ
 神國日本ハ必ズ勝チマス
 勝利ノ日迄皆様ノ御健闘ヲ御祈リ致シマス
 龍三ヨクヤツテ呉レタト一言デモヨイカラ云ツテ下サイ

 昭和二十年四月二十八日
 出撃一時間前

 御両親様

【平成九年五月靖国神社社頭掲示】

誰か故郷を想はざる

2011年2月18日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

誰か故郷を想はざる

       海軍大尉 市島 保男 命
       神風特別攻撃隊第五昭和隊
       沖縄東南海上にて戦死
       早稲田大学第二高等学院生
       東京都出身 二十三歳

四月二十四日
ただ命を待つだけの軽い気持である。隣の室で「誰か故郷を想はざる」をオルガンで弾いてゐる者がある。平和な南國の雰囲気である。徒然なるまゝにれんげ摘みに出かけたが、今は捧げる人もなし。梨の花とともに包み、僅かに思ひ出をしのぶ。夕闇の中を入浴に行く。隣の室では酒を飲んで騒いでゐるが、それもまたよし。俺は死するまで静かな気持でゐたい。人間は死するまで精進しつゞけるべきだ。まして大和魂を代表するわれわれ特攻隊員である。その名に恥ぢない行動を最後まで堅持したい。
俺は、自己の人生は、人間が歩み得る最も美しい道の一つを歩んできたと信じてゐる。精神も肉体も父母から受けたままで美しく生き抜けたのは、神の大いなる愛と私を囲んでゐた人びとの美しい愛情のおかげであつた。
今かぎりなく美しい祖國に、わが清き生命を捧げ得ることに大きな誇りと喜びを感ずる。

【昭和三十七年三月靖国神社社頭掲示】