‘神風特別攻撃隊’ タグのついている投稿

我は御國の山桜(出撃に際して)

2014年10月6日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 緒方 襄 命
  神風特別攻撃隊神雷部隊桜花隊
  昭和二十年三月二十一日
  沖縄方面にて戦死
  海軍第十三期飛行科予備学生
  関西大学
  熊本県出身
  二十三歳

懐しの町 懐しの人
今吾れすべてを捨てて
國家の安危に
赴かんとす
悠久の大義に生きんとし
今吾れここに突撃を開始す
魂魄《こんぱく》國に帰り
身は桜花のごとく散らんも
悠久に護國の鬼と化さん

いざさらば 我は御國の山桜
母の身元にかへり咲かなむ
          海軍中尉 緒方 襄

  【平成九年三月靖國神社社頭掲示】

日本は今疲労してゐる(今朝、特別攻撃隊の申渡しあり)

2014年6月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 飯沼 孟 命
  神風特別攻撃隊第二魁隊
  昭和二十年五月十一日
  南西諸島方面にて戦死
  横浜専門学校
  海軍第十三期飛行科予備学生
  神奈川県横須賀市公卿町出身
  二十四歳

(四月十二日)
 本日朝、佐波大尉他○○○名の特別攻撃隊申渡しあり、私もその一員として加へられた。遂に正式に特攻隊員となつたのだ。
 もはや何ものも無だ。何も考へるまい。純一無雑で突入しやう。沖縄ではかうしてゐる間にも、幾つかの生命が敵空母と運命を共にしてゐるのだ。
 日本だけにしかない特攻隊、日本は今余裕が欲しいのだ。
 比島レイテ、硫黄島、西南諸島と、相続いての死闘に、日本は今疲労してゐる。この疲れを取り返すためには、西南諸島方面の敵艦船を全滅さすことだ。(中略)
 人生五十年、その半分の二十五年を無事に生き抜いたことを思へば不思議なくらゐだ。子供の頃が思ひ出される。
 三月十七日三浦君に会つたが。これが最後であらう。三浦君も遠からず征《ゆ》くであらう。
 突込む時は、どんなものであらうか?
 さつぱりした何とも云へぬ気持だらうと思ふのだが、何となく気にかゝる。(後略)

  【昭和四十七年七月靖國神社社頭掲示】

一兵士の死をこの上なく尊く思ふ(遺書)

2014年5月5日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 溝口 幸次郎 命
  神風特別攻撃隊
  昭和二十年六月二十二日
  沖縄方面にて戦死
  静岡県出身
  中央大学
  二十二歳

遺書
  (一)
 美しい祖國は、おほらかな益良夫《ますらお》を生み、おほらかな益良夫は、けだかい魂を祖國に残して、新しい世界へと飛翔し去る。
  (二)
 「現在の一点に最善をつくせ」
 「只今ばかり我が生命は存するなり」
とは私の好きな格言です。
 生れ出でゝより死ぬる迄、我等は己の一秒一刻に依つて創られる人生の彫刻を、悲喜善悪のしゅらざうをきざみつつあるのです。私は一刻が恐しかつた。一秒が重荷だつた。もう一歩も人生を進むには恐しく、ぶつ倒れさうに感じたこともあつた。しかしながら、私の二十三年間の人生は、それが善であらうと、悪であらうと、悲しみであらうと、喜びであらうとも、刻み刻まれて来たのです。私は、私の全精魂をうつて、最後の入魂に努力しなければならない。
  (三)
 私は誰にも知られずにそつと死にたい。無名の幾万の勇士が大陸に大洋に散つていつたことか。私は一兵士の死をこの上なく尊く思ふ。

  【昭和三十八年七・八月靖國神社社頭掲示】

如何にして美しい死に方をするか(死を前に)

2013年12月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 島 澄夫 命
  神風特別攻撃隊
    第三「八幡護皇隊」艦爆隊
  昭和二十年四月十六日
  南西諸島方面にて戦死
  慶應義塾大學卒
  海軍第十四期飛行科予備学生
  神戸市灘区赤松町出身
  二十五歳

 人間は無から生れて無に帰る。
人間は、如何にしていきるかといふことよりも、むしろ如何にして美しい死に方をするかを探し求めてゐる。
 人間は、自分の生活に未だ美しい夢が残されてゐるうちに死ぬのが、人生の一番幸福な生き方ではあるまいか。
 人間といふものは、何時でも楽に死ねるといふ確信がついて来ると、却《かえ》つていつでも生きてゐたくなるものだ。
 どんな悲しいことも、苦しいことも、割合平気で押しこらへて行くことが出来る。死は一切を清算する。そこには苦しみも、悲しみも、淋しさも存在しない。故に生きてゐる中にうんと苦しんでみやう。悲しんでみやう。
 かく考へれば、一日一日の生に脈々たる勇気が湧き非常に明るい世界が見出されたやうな気がする。腹の底から笑つてみたいやうな、愉快な気持になる。

  【昭和四十六年三月靖国神社社頭掲示】

兄は櫻の木に咲いて居る

2013年4月1日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少尉 服部 壽宗 命
  神風特別攻撃隊「菊水部隊天櫻隊」
  昭和二十年四月十六日
  南西諸島方面にて戦死
  三重県出身
  十九歳

節子殿
 兄は神風特別攻撃隊の一員として明日敵艦と共に、我が愛機雷撃機天山に特攻用爆彈を抱きて命中、男一匹玉と碎《くだ》け散るのだ、最後にのぞみ一筆書遺し置くことあり。
 節子も今では立派な可愛い女学生となつたことであらう。兄は節子の女学生姿が見られずに死んで行くのが残念だ。節子も光輝ある服部家の一女子だ。兄の一人ぐらゐが死んだとて何も悲しみなげく事はない。
 兄は喜んで天皇陛下の為、重大危機に直面して居る日本の為、一億國民の楯となつて散つて行くのだ。少しも悲しまずに笑つて兄の魂を迎へて呉れ。
 (中略)
 兄は常に九段の社の櫻の木の枝に咲いて居る。裏の元屋敷の櫻の木にも咲きますよ。櫻が咲いたら兄だと思つて見て下さい。
 さやうなら。母上を御願ひ致します。
 出撃前夜                          兄
親愛なる妹 節子殿

  【平成十五年四月靖国神社社頭掲示】

ニイサンガ カタキヲ ウツテヤルカラ(妹へ)

2013年3月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少尉 宮崎 勝 命
  神風特別攻撃隊第五神剣隊
  昭和二十年五月四日
  沖縄にて戦死
  三重県松阪市日野町出身
  十九歳

 イモウト ヤスコチヤン
 ヤスコチヤン、トツコウタイノニイサンハ シラナイダラウ。ニイサンモ ヤスコチャンハ シラナイヨ。
 マイニチ、クウシユウデ コワイダラウ。ニイサンガ カタキヲ ウツテヤルカラ、デカイボカンニタイアタリスルヨ。
 ソノトキハ フミコチヤント、ゴウチンゴウチンヲウタツテ、ニイサンヲヨロコバセテヨ。

  【昭和五十一年五月靖国神社社頭掲示】

弱い心をお笑ひ下さい(軍服を脱いで行きます)

2012年12月3日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 旗生 良景 命
  神風特別攻撃隊八幡神忠隊
  昭和二十年四月二十八日
  南西諸島にて戦死
  京都帝國大學卒
  福岡県出身
  二十二歳

四月十六日
 今日は未だ生きてをります。昨日、父さん、母さん、兄姉にも見送つて頂き、全く清らかな気持で出発できました。
 敏子にお逢ひになつた由、皆何を感じられたか知りませんが、心から私が愛した、たつた一人の可愛い女性です。純な人です。私の一部と思つて何時までも交際して下さい。葬儀には是非呼んで下さい。
 お父様、お母様。本当に優しく心から私を可愛がつて頂きましたこと有難く御礼申します。私は一足先に死んでゆきますが、私が、あの弱かつた私が國に殉ずることを喜んで下さると思ひます。長い間御世話になり何一つ喜んで頂く様なことも致しませず相済まぬと思つて居ります。私の死はせめてもの恩返しと思つて下さい。
四月十七日
 今日も生きてゐます。皆に逢へて安心です。心に残るは敏子のことのみ。弱い心をお笑ひ下さい。然し死を前にして、敏子に対する気持の深さを今更の様に驚いてゐます。人間の真心の尊さを思つて下さい。
四月十八日
 軍服を脱いで行きます。真新しいのが行李(こうり)の中にありますから、それを家に、古い方を敏子に送つて下さい。必ずお願ひします。
 戦死がわかりましたら一度家に呼んで遺書等と一緒にお渡しになれば良いと思ひます。

   【平成五年十二月靖国神社社頭掲示】

明日散る櫻が私です(心残りはありません)

2012年6月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 中西 達二 命
  神風特別攻撃隊「常盤忠華隊」
  昭和二十年四月十二日
  南西諸島にて戦死
  山口県出身
  二十二歳

 (前略)
 現在の私には何等心残りはありません。
 唯(ただ)父上母上に対する不孝と不忠、父上母上の悲しみが気にかかります。父上にも母上にも私の死は最大の悲しみだらうと思ひます。
 悲しんで戴ければ私も安心して出てゆける思ひがします。がしかし、私は決して死にません。悠久の大義の道にいつまでも歩を進めてゐます。さうして必ず皈(かえ)つて来ます。あの?國神社にあの護國神社に、又父上母上の枕元に。
 山口にも既に櫻が咲いてゐると思ひます。明日散る櫻が私だと思つて下さい。
 (中略)
 山口のあの山、この川、あの道、この家、今眼前に次々と映じて来ます。先日こちらに来る際、山口の上空を旋回して、皆んなにお別れしようと思つてゐましたがエンジンが少し悪くなつたので宇佐に下りて修理したため、時間がなくて山口まで行けなかつたのが残念です。しかし大島郡は眼下に見て、方便山もはるか彼方に見、たしかに機上で皆とお別れした気でゐます。(後略)

  【平成十六年四月靖国神社社頭掲示】

大空の白雲を墓標として

2011年4月15日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

大空の白雲を墓標として

       海軍少佐 吹野 匡 命
       神風特別攻撃隊旭日隊
       昭和二十年一月六日
       比島方面にて戦死
       鳥取県淀江町出身
       京都帝国大学卒 二十六歳

遺 言 状

 母上様

 匡は永い間本当に御厄介ばかりおかけして参りました。色々の不孝の上に今又母上様の面倒を見る事もなしに先立つ不孝をお許し下さい。
 昨秋、私が海軍航空の道を選んだことは、確かに母上様の胸を痛めた事と思ひます。常識的に考へて、危険性の少ない道は他に幾等もありました。
 國への御奉公の道に於ては、それでも充分果たされたかも知れません。併し、この日本の國は、数多くの母達の尽きざる悲しみと歎きを積み重ねてこそ立派に輝かしい栄を得て来たし、又今後もこれあればこそ栄えていく國なのです。私の母上はこの悲しみに立派に堪へて、日本の國を立派に栄えさせてゆく強い母の一人であると信じたればこそ、私は何の憂ひもなしにこの光栄ある道を進み取ることが出来ました。私が、いささかなりとも國に報ゆる所のある益良雄の道を進み得たのも、一に母上のお蔭であると思ひます。
 母上が、私をしてこの光栄ある海軍航空の道に於て、輝かしい死を、そして、いささかの御奉公を尽くさせて下さつたのだと誇りをもつて言ふ事が出きます。
 美しい大空の白雲を墓標として、私は満足して、今、大君と愛する日本の山河とのために死んで行きます。

【昭和三十九年七月靖国神社社頭掲示】

“民族の誇り”を胸に

2011年2月19日 土曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

“民族の誇り”を胸に

  海軍少佐 西田高光 命
  昭和二十年五月十一日神風特別攻撃隊
  「第五筑波隊」隊員として「爆装零戦」に搭乗、
  鹿屋基地を出撃、南西諸島洋上にて戦死
  大分県大野郡合川村出身 大分師範学校
  海軍第十三期飛行科予備学生 二十二歳

  学鷲は一応インテリです。
  さう簡単に勝てるなどとは思つてゐません。
  しかし、負けたとしても、
  そのあとはどうなるのです……
  おわかりでせう。
  われわれの生命は講和の条件にも、
  その後の日本人の運命にもつながつてゐますよ。
  さう、民族の誇りに……

右記の言葉は、西田中尉(当時)が出撃二日前の昭和二十年五月九日鹿児島県鹿屋の野里村(現在は町)の基地に於て、海軍報道班員・山岡荘八氏の質問「この戦を果たして勝ち抜けると思っているのかどうか? もし負けても悔いはないのか?今回の心境になるまでにどのような心理の波があったか」に対し返答したものである。

 【平成十四年四月靖国神社社頭掲示】