‘栃木県’ タグのついている投稿

偉大なる歴史の創造

2014年11月3日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍中尉 殿塚 隆治 命
  昭和十九年九月二十八日
  西カロリン諸島パラオにて戦死
  栃木県栃木市出身
  二十五歳

 父上様
           陸軍病院一室にて 児 隆治
 今日も亦《また》爽かな薫風《くんぷう》にアカシアの若々しい香りを肌近く感じる五月の美しい晴天です。窓から見る物みなみどりに萌える南満の風物をながめてゐると、思ひがけなくも寒かつたチチハルの訓練、苦しかつた冬季演習などが想出されて来て、白衣に不遇をかこつ現在が夢の様に思はれてなりません。世の中は併《しか》し眇《すがめ》たる一見習士官の負傷などと云ふ事には何の関心もなく、何物にも妨げられぬ巨大な歴史の歩みをつづけて居ます。世界は此の偉大なる審判者の血みどろの努力をつづけてゐるのです。そして私は今日ほど世界各國が、とりわけ我日本が此の歴史に対し、敬けんな崇高に近いあり方をしてゐる時はありえなかつたと思つてゐます。
 静に欧大陸を想ひ、米州内部の諸事情を辨《わきま》へ、翻《ひるがえ》つて我日本に当面せる現実に到達する時、私は偉大なる歴史を創造してゐる私達自身の姿をいやでも見出ださねばならないのです。
 (中略)
 國事、家事共に多端の折から皆様の一層の御自愛をお願ひ致します。
 五月二十二日
 この身いま白衣にありて國思ふ
 薫風に白衣をかこち國思ふ

  【平成十二年五月靖國神社社頭掲示】