‘昭和20年’ タグのついている投稿

我は御國の山桜(出撃に際して)

2014年10月6日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 緒方 襄 命
  神風特別攻撃隊神雷部隊桜花隊
  昭和二十年三月二十一日
  沖縄方面にて戦死
  海軍第十三期飛行科予備学生
  関西大学
  熊本県出身
  二十三歳

懐しの町 懐しの人
今吾れすべてを捨てて
國家の安危に
赴かんとす
悠久の大義に生きんとし
今吾れここに突撃を開始す
魂魄《こんぱく》國に帰り
身は桜花のごとく散らんも
悠久に護國の鬼と化さん

いざさらば 我は御國の山桜
母の身元にかへり咲かなむ
          海軍中尉 緒方 襄

  【平成九年三月靖國神社社頭掲示】

日本は今疲労してゐる(今朝、特別攻撃隊の申渡しあり)

2014年6月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 飯沼 孟 命
  神風特別攻撃隊第二魁隊
  昭和二十年五月十一日
  南西諸島方面にて戦死
  横浜専門学校
  海軍第十三期飛行科予備学生
  神奈川県横須賀市公卿町出身
  二十四歳

(四月十二日)
 本日朝、佐波大尉他○○○名の特別攻撃隊申渡しあり、私もその一員として加へられた。遂に正式に特攻隊員となつたのだ。
 もはや何ものも無だ。何も考へるまい。純一無雑で突入しやう。沖縄ではかうしてゐる間にも、幾つかの生命が敵空母と運命を共にしてゐるのだ。
 日本だけにしかない特攻隊、日本は今余裕が欲しいのだ。
 比島レイテ、硫黄島、西南諸島と、相続いての死闘に、日本は今疲労してゐる。この疲れを取り返すためには、西南諸島方面の敵艦船を全滅さすことだ。(中略)
 人生五十年、その半分の二十五年を無事に生き抜いたことを思へば不思議なくらゐだ。子供の頃が思ひ出される。
 三月十七日三浦君に会つたが。これが最後であらう。三浦君も遠からず征《ゆ》くであらう。
 突込む時は、どんなものであらうか?
 さつぱりした何とも云へぬ気持だらうと思ふのだが、何となく気にかゝる。(後略)

  【昭和四十七年七月靖國神社社頭掲示】

一兵士の死をこの上なく尊く思ふ(遺書)

2014年5月5日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 溝口 幸次郎 命
  神風特別攻撃隊
  昭和二十年六月二十二日
  沖縄方面にて戦死
  静岡県出身
  中央大学
  二十二歳

遺書
  (一)
 美しい祖國は、おほらかな益良夫《ますらお》を生み、おほらかな益良夫は、けだかい魂を祖國に残して、新しい世界へと飛翔し去る。
  (二)
 「現在の一点に最善をつくせ」
 「只今ばかり我が生命は存するなり」
とは私の好きな格言です。
 生れ出でゝより死ぬる迄、我等は己の一秒一刻に依つて創られる人生の彫刻を、悲喜善悪のしゅらざうをきざみつつあるのです。私は一刻が恐しかつた。一秒が重荷だつた。もう一歩も人生を進むには恐しく、ぶつ倒れさうに感じたこともあつた。しかしながら、私の二十三年間の人生は、それが善であらうと、悪であらうと、悲しみであらうと、喜びであらうとも、刻み刻まれて来たのです。私は、私の全精魂をうつて、最後の入魂に努力しなければならない。
  (三)
 私は誰にも知られずにそつと死にたい。無名の幾万の勇士が大陸に大洋に散つていつたことか。私は一兵士の死をこの上なく尊く思ふ。

  【昭和三十八年七・八月靖國神社社頭掲示】

人類は何故戦ひ血を流さねばならぬか(遺 書)

2014年4月7日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 竹内 惠 命
  歩兵第八十二聯隊
  昭和二十年三月十日
  仏領印度支那ハノイ附近にて戦死
  東京都出身
  二十九歳

 遺書

 私は今静かな気持で此の書を認《したた》めることの出来る時と機会とを得た事を実に幸福に思ふ
 私は過去三年の間、南洋諸島に於けるあの血みどろな日米決戦の実体に遂に触るゝ事なく尊い同胞の流血を唯凝《じ》と眺めてゐた 此間私の心は常に何か堪へられない、何かせめられ追はれる様な焦燥と、部隊の任務の為と云ふ美名に隠れ安易に就かんとする怯懦《きょうだ》とが烈しい相剋を続けてゐた 自分には信念がないと悲しく思つた 軍人として不逞の徒であると思つた 私は淡々として而《しか》も磐石の如き亦燃ゆるが如き雄々しく逞《たくま》しい信念の持主になり度いと自ら願つたそして焦つた 私は周囲にある本を漁り読んだ 陳腐ではあるが眞に時局を認識したいと思つた そして勉めた 其結果此世界動乱が何を意味するか 其実体が何であるか 人類は何故斯《か》く戦ひ血を流さねばならぬかを私自身の心の中に摑むことが出来た様な気がする(中略)
 私は此の歴史の選んだ方向に道を神州日本が、一億皇國臣民が一路驀《ばく》進する光景を、姿をはつきりと見た 私は信念を得た 私は戦ふ そして我々は勝たねばならぬ 亦我々は勝つことを信じねばならぬ(後略)

昭和二十年三月一日
          陸軍中尉 竹内惠

  【平成十六年五月?國神社社頭掲示】

六月のチラン(祖國よさらば)

2014年2月3日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 枝 幹二 命
  第六航空軍司令部
  昭和二十年六月六日
  沖縄方面にて戦死
  富山県出身
  二十三歳

(六月五日)
あんまり緑が美しい
今日これから死に行くことすら忘れてしまひさうだ
眞青な空
ぽかんと浮ぶ白い雲 六月のチランはもうセミの声がして夏を思はせる

“小鳥の声がたのしさう俺もこんどは小鳥になるよ”日のあたる草の上にねころんで杉本がこんなことを云つてゐる笑はせるな

本日一四、五五分
いよいよ知ランを離陸する なつかしの祖國よ
さらば
使ひなれた万年筆を“かたみ”に送ります。

  【平成十五年六月?國神社社頭掲示】

國破れて学問なし(今ぞペンを捨て銃を執る)

2014年1月6日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍曹長 池田 忠雄 命
  昭和二十年七月二日
  比島中部ルソン島にて戦死
  山形県酒田市東中の口町出身
  二十三歳

 昭和十八年九月二十六日
 学徒出陣する時は終《つい》に来た 徴兵猶予の停止 文科系系統の学校の閉鎖
 来るべきものが終に来たのだ 吾等はペンを捨て学業半ばにして銃を持つ 愛する祖國のために戦はねばならぬ 深海の底のやうな静けさだ さうだ總《すべ》ての過去を清算して 真の逞《たくまし》き日本男児となり 永遠の将来に生きねばならない 自分一個の肉体は一時的かも知らないが 自分の霊魂は人類平和を目標とする正しき民族精神の中に永遠に生きることであらう
 國破れて学問なし 美しき祖國の山河なし 吾等学徒の立つべきときは今ぞ!! さうして敵と生死の一戦をまじへ断じて断じて勝たねばならぬ
 死ぬ前に心残りなく 故郷の空に山に河に海に遊びまはつてよく見ておかう 俺の苦しいにつけ楽しいにつけ黙示のうちに慰め励ましてくれた大自然だ 俺を清く正しく大きく育て上げてくれた美しきあの山 あの河を!!
(後略)

  【平成十一年七月?國神社社頭掲示】

如何にして美しい死に方をするか(死を前に)

2013年12月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 島 澄夫 命
  神風特別攻撃隊
    第三「八幡護皇隊」艦爆隊
  昭和二十年四月十六日
  南西諸島方面にて戦死
  慶應義塾大學卒
  海軍第十四期飛行科予備学生
  神戸市灘区赤松町出身
  二十五歳

 人間は無から生れて無に帰る。
人間は、如何にしていきるかといふことよりも、むしろ如何にして美しい死に方をするかを探し求めてゐる。
 人間は、自分の生活に未だ美しい夢が残されてゐるうちに死ぬのが、人生の一番幸福な生き方ではあるまいか。
 人間といふものは、何時でも楽に死ねるといふ確信がついて来ると、却《かえ》つていつでも生きてゐたくなるものだ。
 どんな悲しいことも、苦しいことも、割合平気で押しこらへて行くことが出来る。死は一切を清算する。そこには苦しみも、悲しみも、淋しさも存在しない。故に生きてゐる中にうんと苦しんでみやう。悲しんでみやう。
 かく考へれば、一日一日の生に脈々たる勇気が湧き非常に明るい世界が見出されたやうな気がする。腹の底から笑つてみたいやうな、愉快な気持になる。

  【昭和四十六年三月靖国神社社頭掲示】

直《すなお》なる道を歩め

2013年7月8日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍衛生兵長  中元 ? 命
  昭和二十年七月五日
  比島ミンダナオ島ブキドノン州
  マナゴック東北方にて戦死
  兵庫県神戸市葺合区北本町通出身
  三十二歳

大日本帝国に生を享《う》けし者、誰か国に報ゆるの心な
かるべき。
此の度、栄《は》えある御召《おめし》により皇軍の一員に参加す。
男子の本懐なり。生還期し難し。
茲《ここ》に書を認《したた》め、遺書とす。
余が妻、余が子として直なる道を歩めと教ふるのみ。
人間は、万物の霊長なり。
何時如何なる時も、人の道を正しく進め。
富貴《ふうき》も名誉も余の望みに非ず。只々人間らしくと望
むのみ。
?進《きよゆき》よ。如何なる方面に志すと云へど、其の本分を
全うせよ。
子としての務めを果せ。先づ健康なり。
じつゑよ。汝は子の母で有り、親の子也。
十二分、子の素質を伸ばすと共に、子としての務め
を尽せよと願ふのみ。         
                   終り

  昭和十九年四月二十九日

                中元 ? 書
? 進
   殿
じつゑ

  【平成二十五年七月靖国神社社頭掲示】

遺書

2013年6月17日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 小野寺 ?治 命
       昭和二十年六月十三日
       沖縄島方面にて戦死
       宮城県栗原郡有賀村出身
       三十九歳

  日本に 生を禀《う》けし 男子が
       御盾となりて 散るぞ嬉しき

生ある者は必ず死す。国難に殉ずるは男子の本懐、之に過ぐるなし。喜んで殉ず。
軍人の妻として、今日あるを覚悟し、決して取乱すべ可らず。
余の亡き後は軍人の妻として、恥かしからざる生活をせよ。
博重は、必ず海陸軍人と致す様、養育すべし。
浩子は、婦女子として恥かしからざる教育を致させ、良縁があったら嫁《とつ》がすべし。
御腹の子供が男子であったら、博重と同様軍人に致し、女子の場合、浩子同様嫁がすべし。
余の亡き後は、速やかに帰郷致し、養父母に孝養を尽すべし。
決して世間の人様から後指を指されない様、心得る可し。
余の肉体は滅す共、精神は護国の鬼と化して朝敵を亡ぼす。
浮世の荒波に打ち勝って、子供の教育に専心すべし。
御前達の幸福を見守る。
右、遺言す。
昭和十五年十一月二十九日
                      ?治
 悦子殿
                      終り
      【平成二十五年六月靖国神社社頭掲示】

無に近い境地です(最 後 の 筆)

2013年6月3日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 都所 静世 命
  回天特別攻撃隊
  昭和二十年一月十二日
  ウルシー海域にて戦死
  海軍機関学校第五十三期
  群馬県吾妻郡原町出身 二十一歳

 蒸風呂の中にゐるやうで、何をやるのもおくくふなのですけれど、やさしい姉上様のお姿を偲びつゝ最後にもう一度筆をとります。(中略)
 三十日の一七〇〇、豊後水道通過、迫り来る暮色に消えゆく故国の山々へ最後の訣別をした時、真に感慨無量でした。日本の国といふものが、これほど神々しく見えたことはありませんでした。神州断じて護らざるべからずの感を一入深うしました。
 姉上様の面影がちらつと脳裡をかすめ、もう一度お会ひしたかつたと心のどこかで思ひましたが、いやこれも私心、大義の前の小さな私事、必ず思ふまいと決心しました。(中略)
 艦内で作戦電報を読むにつけても、この戦はまだまだ容易なことではないやうに思はれます。若い者がまだどしどし死なゝければ完遂は遠いことでせう。(中略)
 生意気のやうですが、無に近い境地です。攻撃決行の日は日一日と迫つて参りますが別に急ぐでもなく日々平常です。太陽に当らないのでだんだん食欲もなく、肌が白くなつて来ました。(中略)
 今、六日の〇二四五分なのですが、一体午前の二時四十五分やら、午後の二時四十五分やらとにかく時の観念はなくなります。
 姉上様、もうお休みのことでせうね、今総員配置につけがありました。ではさやうならします。姉上様の末永く御幸福であります様、南海の中よりお祈り申し上げます。
  一月六日
 姉 上 様              静 世

  【昭和四十三年一月靖國神社社頭掲示】