‘昭和18年’ タグのついている投稿

遺 書 状

2014年10月24日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 小松 進 命
  昭和十八年十月十六日
  ニューギニアにて戦死 
  長野県諏訪市出身
  三十五歳

一、君ニ召サレテ屍ヲ戦野ニ曝スハ固ヨリ武人ノ本懐ナリ

一、盡忠ノ大義ニ生ク晴天ノ如シ

一、忠誠ノ士ハ純情ノ孝子ナリト祖先ノ遺風ヲ顕彰セン

一、残レル妻ノ使命ハ孝養ト子等ノ教育ナリ

一、昭夫ハ承継ナリ重夫・恭夫ハ大陸ニ勇飛セン

一、久子ニハ良縁ヲ

一、今ニシテ各位ノ好意ノ大ナルニ比シ恩ニ報ユルナカ
  リシヲ

一、各位ニ宜敷ク

   昭和十六年八月
                     進
妻へ

  【平成二十六年十月靖國神社社頭掲示】

遺書

2014年9月15日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少佐 森本 三郎 命
  昭和十八年九月三日
  ニューギニア ウエワクにて戦死
  兵庫県印南郡別所村出身
  二十六歳

一、
 皇民トシテ錦旗ノ下ニ死ス
 之臣ノ無上ノ光栄ナリ死シテ
 皇居守護ノ鬼ト化シ猶悠久ニ
 皇國ト共ニ生クルヲ喜フ

二、
 死ニ臨ミ悔ケレト未タ御奉公ノ
 足ラサリシト垣内ニ逆臣名利ニ
 趨ル徒輩ノ絶エサルヤヲ憂フ
 老幼男女階級ヲ問ハス眞ニ皇民
 タルノ光栄ニ感激シ各々ノ使命
 ヲ自覚シ己ノ最大ヲ傾ケ皇ニ奉
 シ顧ミテ恥サルヲ望ム

三、
 遺品ヲ残シ遺族ノ涙ト化スヲ欲
 セス皇國ニ生レ彼蒼ニ散華シ
 遺骨ノ帰省固ヨリ期セス何処ニ
 散ルトモ八紘建設ノ浄土ト化サン

四、
 両親ノ恩ニ報イルニ心配ノ累積ヲ
 以テセシ罪今日ノ壮行ニ免シ許シ
 給ヘ

                 三郎

  【平成二十六年九月靖國神社社頭掲示】

日の丸と共に生く

2013年8月5日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍上等兵曹 坂屋 三治 命
  昭和十八年六月八日
  柱島にて戦死
  岩手県水沢市姉体町出身
  二十六歳

(前略)
 遺言としましては今更申し上ぐることはありません。常日頃話しました
?生死一如《しょうじいちにょ》 我日の丸と共にあり日の丸と共に生くその姿は?國の社頭に薫る一片の桜花《おうか》――?の心境で御座います。
 又遺品も共に太平洋の戦場に消えるものばかりで少しもありません。
 只健康で必勝の信念と斃後而尚《たおれてのちなお》やまざる軍人精神とを以て盡中奉公《じんちゅうほうこう》の誠を盡《つく》し一死もつて國に報ゆる覚悟でありますれば何卒御安心の程を――
 厳寒の折柄御自愛専一にお祈り申して居ります。
 先づは乱文にて一筆啓上と致します。
 母上様を始め皆々様には呉々もよろしく御傳言《ごでんごん》の程お願ひします。

       軍艦陸奥十二分隊 坂 屋 三 治

 徳 治 兄上

  【平成十三年十月靖国神社社頭掲示】

遺書

2012年3月12日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少尉 南 正夫命
  昭和十八年三月三日
  ニューギニア島ラエ東北方
  約四五哩海上にて戦死
  大阪府北河内郡星田村出身
  二十四歳

 大東亜戦争今ヤ酣(たけなわ)ナリ。我モ亦、帝国軍人トシテ壮途ニ上ル。
 固(もと)ヨリ生還ヲ期セズ。サレバ予メ此処(ここ)ニ遺書ヲ記シ、以テ謹
ミテ南家御一同ニ示サントス。
 我生ヲ禀(う)ケテ、ココニ二十有三年。其間南家ノ長男トシテ祖父母、父
母様方ノ此(この)上(うえ)ナキ御慈(いつく)シミヲ受ケ、誠ニ浮世ノ苦難ヲ知ラヌ、多幸ナル生涯ヲ送リ得タリ。コレ偏(ひと)ヘニ、我ガ祖先就中(なかんずく)、祖父母様父母上ノ山ヨリモ高ク、海ヨリモ深キ御恩ナリト厚ク御礼申上候。
 然ルニ我、此処ニ死ス無窮(むきゅう)ノ恩ニ報イルニ夭折(ようせつ)ヲ以テ
スルハ、深ク我ノ遺憾トスル所ナリ。
 サレド我ハ今、天皇陛下ノ御楯トシテ皇国ニ殉ジタルナリ。
 然モ忠孝一本ハ我国道義ノ精粋(せいすい)ナレバ、皇国ニ殉ズルヲコソ親ニハ孝ナレト謂ハン。我ハ心身一切ノ力ヲ尽クシ、従容(しょうよう)トシテ悠久
ノ大義ニ生キタルナリ。
 幾(こいねがわ)クハ此ヲ以テ、我ノ親ニ対スル最大ノ孝ナリト思召(おぼしめし)下サレヨ。
 我ガ死ヲ聞カバ、孫ヨ倅(せがれ)ヨ良クヤッタリト御褒メ下サレ度候。
(中 略)
  大日本帝国万歳  南家万歳

     辞  世

  花ト咲キ 花ト散ル身ノ 我ナレハ
        カネテコノ日ヲ 待詫ヒシナリ

  頓首
  昭和十七年一月七日                 正 夫

  南家
  御一同様

  【平成二十四年三月靖国神社社頭掲示】

雑煮も汗を出して腹一杯戴きました

2012年1月4日 水曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長  松浦義一命
    昭和十八年一月十日
    ソロモン群島ガダルカナル島
    タサワロングにて戦病死
    愛知県東春日井郡小牧町出身
    二十五歳

前略。
待ち遠しかった内地からの第一信の航空便、先月二十七日に受取りました。
余りの嬉しさに幾度もくも読み返しました。
実に、便り程いいものは有りません。お手紙によって故郷の様子もよく分り大変喜んで居ります。
大分寒くなった様子ですね。此方も先月は大分朝夕冷えましたが、一月になってからは寒い日はありません。
(中 略)
次に十六年の元旦は討伐中に迎へ、実に感慨無量なものがありました。
正月の三日間も実に愉快に送りました。雑煮も汗を出して腹一杯戴きました。
兵舎の前の門松も実に堂々たるものです。この門松の前で写真を撮って戴きましたから、これも出来次第お送り致します。
次に同封の写真二枚は任地に到着間(ま)もなく撮って戴いたものです。御笑納下さい。
それから、この外まだ色々の写真がありますが、これ等も追々御送り致します。
兎(と)に角(かく)、写真の通りの元気さですから御安心下さい。(後略)

一月四日
                                              義 一
 父 上 様

遺  書

2011年9月1日 木曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

遺  書

  陸軍曹長  中西 八郎 命
  昭和十八年九月十四日
  ラエ付近にて戦死
  三重県度会郡城田村出身 二十三歳

兄ハ此ノ度(たび)、大東亜戦争ノ第一線ニ参加スルノ光栄ニ浴(よく)シ、勇躍征途(ゆうやくせいと)ニ就ク。
固(もと)ヨリ毫(ごう)モ生還ハ期セズ。
吾無キ後ハ、我ニ代リ我々ノ養育ニ終生ヲ捧ゲシ御両親様ニ、十分ナル孝養ヲ尽サレンコトヲ望ム。
兄戦死スト雖(いえど)モ、決シテ決シテ歎(なげ)クコトアルベカラズ。
益々勇気百倍兄弟力ヲ合セ、家名ノ隆昌昂揚ニ勉(つと)ムベシ。
兄ハ、オ前達一同ノ健康ヲ祈ルヤ切ナリ。
  昭和十八年六月二十四日
            兄ヨリ
  弟妹一同ヘ

                         【平成二十三年九月靖国神社社頭掲示】

遺書

2011年1月9日 日曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

遺書

       陸軍伍長  清水誠藏命
       昭和十八年一月十六日
       ガダルカナル島セキロ河東方にて戦死
       静岡県志太郡島田町出身 二十四歳

お母さん、最后の書をしたためます。
入営前及び入営后の今日に至るまで、何等孝行らしい事も出来得ず、御世話になるばかりでした。
あの歴史的香港攻略戦には、途中矢つき病魔に倒れたは日本男子として、又日本軍人として此の上もなきはづかしき事と、病院の寝台の上にて涙にぬれて眠れない夜も数日続きました。
スマトラ攻略を終へ、将又香港の汚名をそそぐべき最后の御奉公する時節到来。
靖国神社にて対面出来る事も、遠からぬ事と思ひます。
何卒宜敷く御願ひ致します。
此れだけ書けばもう言ふ事はありません。
喜んで死んで行ったと、弟妹等にも言って下さい。
では、今度靖国神社にての再会楽しみに待って居ります。

誠 藏
母上様

【平成二十三年一月靖国神社社頭掲示】

立派な死を遂げます

2010年12月10日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

立派な死を遂げます

       海軍飛行兵長 硲(はざま)榮次命
       昭和十八年十二月二十八日
       ビスマルク群島方面にて戦死
       大阪府大阪市住吉区出身 十九歳

前略(鉛筆にて失礼)
先日は有難うございました。
いよいよ戦地に行くこととなりました。
不用品を送ります。中に時計と、通帳(現金在中)があります。
時計は兄さんへ返上致します。
通帳は「ミシン」代の費用として、尋子にやって下さい。
生を受けて十九年、母様に何の孝養も尽さず、親不孝の罪をお許し下さい。
陛下の御民の一人として立派な死を遂げます。

 大空に生き
  大空に死す
   これ男子の本懐なり

最后に一同様の御壮健をお祈り致します。

                 榮次より

【平成二十二年十二月靖国神社社頭掲示】

魂は永遠に生きる

2010年10月19日 火曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

魂は永遠に生きる

        海軍一等兵曹  楠瀬益實命
        昭和十八年十月十二日
        ニューブリテン島方面にて戦死
        高知県高岡郡戸波村出身 二十三歳 

遂に死ぬべき時は来た。
帝国軍人として最大の名誉の時が来た。
今より小生は昇天するのだ。
思へば此の世に生をうけて二十有余年、短かくて長き人生だった。(中略)
小生も今死すべき最好機に恵まれたのだ。
英米打倒而(しか)して東亜百年の大計、引いては人類の幸福、世界の平和の礎のために之が最適の死に場所だ。
肉体は之で永遠に此の世を去る。
而し魂は永遠に生きる。
靖國へ行って待って居る。折があったら会ひに来られ度。(後略)

御一同様

               楠瀬益實

【平成二十二年十月靖国神社社頭掲示】