‘山口県’ タグのついている投稿

今生のお別れに言ふておく(応召に際し嬰児《ちのみご》に遺《のこ》す)

2013年2月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍上等兵 西山 進 命
  昭和十三年十月二十一日
  南支広東省黄草嶺附近にて戦死
  山口県豊北町出身
  三十五歳

 十三年ぶりに生れた清子。
 お前は、父の為には義理ある母上様、お前の為にはババさん、この義理あるババさんのお手にて育てられる。
 その御恩は決して忘れてはなりません。父の分までも共に御恩報じをして下さい。
 両親がないとて、必ず肩身をせまくすることはない。御國の為に父は名誉ある義務を果たしたのです。
 次にお前の母は病身であつた。本年(昭和十二年)一月四日、お前を生み、喜ぶ間もなく五月三十日、百四十六日ぶりに死なれたのです。
 これ今生のお別れに言ふておく。
                              さやうなら

清子どの                           父より
    (長女出産、間もなくして妻の死にあひ、その直後 応召す)

                           【昭和四十二年四月靖国神社社頭掲示】

神 州 不 滅

2012年7月2日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 長原 正明 命
  昭和二十年五月四日
  九州南方海面にて戦死
  海軍第十三期飛行予備学生
  関西学院高商卒
  山口県出身
  二十三歳

この度、将(まさ)に皇國の存亡を決する沖縄作戦に選ばれて参加出来、私平常の願望叶ひ、非常に光栄に思つて居ります。
 当地に来てより二十日余りになるのに、不思議に生き永らへ、今だに御奉公いたして居ります。
                 (中略)
 いつ終るとも分らぬこの作戦、今迄生き残つたのが不思議な程です。この言伝(ことづて)が届く頃には、特攻隊でゞも突込んでゐるかも知れません。
 併(しか)し私は幸福です。心から喜んで死んでゆけます。
 たゞ父上母上に孝養の万分の一も尽し得ないのを心苦しく思つて居ります。
 神州は不滅です。絶対に日本は負けることはありません。この基地に来て多くの特攻隊員の出発を眼前に見て、この信念は益々強くなるばかりです。
                 (中略)
 どうか國民一致して頑張つて頂きたいものです。特攻隊員の死を無駄にさせたくないものです。
 いろいろ書きたいことはありますが、とにかく男として死場所を得たことをほめてやつて下さい。
                 (中略)
 どうか兄上、良明、裕子、悦子、恭子はじめ皆様によろしく、達者で御暮し下さるやうお祈りいたします。

                   正明

 父 上
     様
 母 上

  【平成元年三月靖国神社社頭掲示】

明日散る櫻が私です(心残りはありません)

2012年6月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 中西 達二 命
  神風特別攻撃隊「常盤忠華隊」
  昭和二十年四月十二日
  南西諸島にて戦死
  山口県出身
  二十二歳

 (前略)
 現在の私には何等心残りはありません。
 唯(ただ)父上母上に対する不孝と不忠、父上母上の悲しみが気にかかります。父上にも母上にも私の死は最大の悲しみだらうと思ひます。
 悲しんで戴ければ私も安心して出てゆける思ひがします。がしかし、私は決して死にません。悠久の大義の道にいつまでも歩を進めてゐます。さうして必ず皈(かえ)つて来ます。あの?國神社にあの護國神社に、又父上母上の枕元に。
 山口にも既に櫻が咲いてゐると思ひます。明日散る櫻が私だと思つて下さい。
 (中略)
 山口のあの山、この川、あの道、この家、今眼前に次々と映じて来ます。先日こちらに来る際、山口の上空を旋回して、皆んなにお別れしようと思つてゐましたがエンジンが少し悪くなつたので宇佐に下りて修理したため、時間がなくて山口まで行けなかつたのが残念です。しかし大島郡は眼下に見て、方便山もはるか彼方に見、たしかに機上で皆とお別れした気でゐます。(後略)

  【平成十六年四月靖国神社社頭掲示】

弟妹に遺す

2010年5月18日 火曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

弟妹に遺す

        陸軍中尉 吉村春平命
        昭和二十年五月十六日
        ビルマにて戦死
        山口県熊毛郡阿月村出身 

 兄ハ喜ビテ大日本帝國ノ為天皇陛下ノ御為ニ瞑ス
 喜ベ、此兄ニシテ陛下ノオ役ニ立チタリ
 況(ま)シテヤオ前等ハ兄以上タルベシ
 心アラバ白木ノ位牌ニ一杯ノ水ヲ汲メ
 生存中ハ兄トシテ弟妹ノ指導不行届ニシテ模範ヲ示シ得ズ。
 兄ノ志ヲ継ギ益々皇国ノ為奮闘セラレン事ヲ祈ル。
 尚兄ノ分迠孝養忘ルゝ勿レ

 一、大忠大孝ノ道ニ生キヨ
 二、常ニ天皇陛下ト父母ヲ忘ルナ
 三、常ニ健康ニ注意セヨ
 四、男ハ男ラシク女ハ女ラシク
 五、満平ハ皆ンナシテ可愛ガレ
 六、家名再興ハ弟妹仲良ク一致シテ計レ

           吉村春平 

【平成二十二年五月靖国神社社頭掲示】