‘学徒出陣’ タグのついている投稿

國破れて学問なし(今ぞペンを捨て銃を執る)

2014年1月6日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍曹長 池田 忠雄 命
  昭和二十年七月二日
  比島中部ルソン島にて戦死
  山形県酒田市東中の口町出身
  二十三歳

 昭和十八年九月二十六日
 学徒出陣する時は終《つい》に来た 徴兵猶予の停止 文科系系統の学校の閉鎖
 来るべきものが終に来たのだ 吾等はペンを捨て学業半ばにして銃を持つ 愛する祖國のために戦はねばならぬ 深海の底のやうな静けさだ さうだ總《すべ》ての過去を清算して 真の逞《たくまし》き日本男児となり 永遠の将来に生きねばならない 自分一個の肉体は一時的かも知らないが 自分の霊魂は人類平和を目標とする正しき民族精神の中に永遠に生きることであらう
 國破れて学問なし 美しき祖國の山河なし 吾等学徒の立つべきときは今ぞ!! さうして敵と生死の一戦をまじへ断じて断じて勝たねばならぬ
 死ぬ前に心残りなく 故郷の空に山に河に海に遊びまはつてよく見ておかう 俺の苦しいにつけ楽しいにつけ黙示のうちに慰め励ましてくれた大自然だ 俺を清く正しく大きく育て上げてくれた美しきあの山 あの河を!!
(後略)

  【平成十一年七月?國神社社頭掲示】

あの空は晴れて居りました

2012年3月7日 水曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長  大石 穂積 命

  昭和十九年八月十九日
  比島レイテ沖バシー海峡にて戦死
  明治大学在学中応召
  静岡県榛原郡初倉村出身
  二十三歳

 母に告ぐ
 穂積はいろいろとお世話をかけましたが 今やつと人なみとなつて死ねます 病気等で本当にお世話になりました どうか母さん余生を楽しく暮らし
て下さい さうして穂積の墓に参る事を一つの喜びとして下さい
 姿こそなけれども穂積は母さんのもとに居ります 大石家の男系はこれで絶
えました しかし古くは楠公に 新しくは乃木将軍に 大石家は必ず穂積が何
処かで見てゐるでせう
 母さんは若いときより苦労しました 穂積はよく知つて居ります 今までに
母さんの一番嬉しかつた事は昭和十七年の秋東京見物に行つた時だと思ひます
 あの日光の水は本当に美しく あの空は晴れて居りました あの日の母さん
の顔が瞼(まぶた)に浮んで参ります
 母さん素子を日本の女として下さい

 妹に告ぐ
 素子よ 兄は今莞爾(かんじ)として戦死する お前は元来無邪気である様
だ その純真さを何処までも盛り上げて 日本の女となれ さうして?兄あり
き?と想ひ出してくれ

 姉に告ぐ
 幼い時よりの姉さんだ 俺は今日本の武士として戦死する 今まで永らくお
世話になつた厚く御礼する
 時々は田舎へ帰つて母さんと素子で俺の墓に来てくれ
 何も思ひ残すことはない

  【平成十年八月靖国神社社頭掲示】