‘大阪府’ タグのついている投稿

遺 言 書

2014年5月19日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍准尉 喜多 富夫 命
  昭和二十一年五月二十三日
  シンガポール・チャンギーにて法務死
  大阪府茨木市大字道祖本出身
  三十歳

国に生を禀《う》け最後の筆を執る。
拾有余年、軍隊生活を満洲、支那に将又《はたまた》南方戦線に移戦、敢闘茲《ここ》に御慈悲深き御両親、血肉分けたる兄弟及び妻子より先逝し、従容《しょうよう》として死に就き国家の礎となる。
思ふに生を稟《う》くる間、御情け深き御両親の御意志にも副《そ》ひあたはず、実に申訳なく存じます。
脳裏を故郷に回顧せば隆々たる喜多家に生ひ立ち、彼の家屋、彼の門其の幼相面影懐かしく、唯感慨無量に堪へず、私の死は決して万人に恥づる事なきを堅く誓ふ。
細部は必ず誰か達すると思考するも、天は知り神も能《よ》く能く御存じの筈です。私生存中の気質承知の筈、信じて下さい。唯々世間に与へる風評其れのみが非常に心配であり、心残りであります。
亦、血肉わけたる兄弟の安否を気遣ふ。
 沖縄九州方面に奮戦中の吉治兄は?  原子爆弾に依る広島の敏時兄は?
 ビルマ方面に勇戦敢闘中の一夫弟は? 国土防衛空の荒鷲の勉弟は?
皆夫々推察する時、生死を超越し御両親の御膝下《しっか》に帰しあるを神掛けて祈るのみです。
(中  略)
命日は昭和二十一年五月二十三日と思考。連合国軍より遺品として将校用絨製《じゅうせい》軍衣袴(私製)を送付せられる筈。当服は小官常時着用せるものであります。
最後に喜多家御一同様の隆替《りゅうたい》と万福を祈り、之を守護す。
  昭和二十一年五月二十三日 三時書く
               陸軍准尉 喜多富夫
喜多佐太郎様
同  キト様
御一同様

  【平成二十六年五月靖國神社社頭掲示】

遺言状

2012年11月19日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長 辻本 孝一 命
  昭和二十年十一月三十日
  ソ連シベリヤハバロフスク州
    コムソモリスク収容所にて戦病死
  大阪府大阪市浪速区出身
  二十三歳

本日、遂に此の書が開かれた。
小生は入営兼出陣の際より、生還を期せず。先づ、父上様始め皆様の御恩を謝す。
出陣の時より、家の生活に付ひては少しも気に掛けず、皆、初子、父上様に御委託済の事。
修二も軍属にて何処に有りや不明。家の事は、父上様に修二に宜敷き様、取計って頂き度い。
初子もよき人妻になる様。良一もしっかり勉強して、よき日本人になってくれ。
そして、皆力を合せ、父上様を助け、よき家庭を建設してくれ。家の心配事は自分等にて片付けず、宜敷く親族の方に御相談する様、小生よりも宜敷く別書に書いてある。
そして、家族一体幸福、安全を期して頂き度い。
修二よ。初子よ。花子よ。良一よ。
皆、皆、力を合せて父上を助け、大日本帝国の為、頑張ってくれ。
父上様にも充分身体に気を付けられ、楽しく余生を御過し下さい。

             以上
 昭和十九年三月
  入営、出発に際して
             孝 一

  父上様
  修二
  初子
  花子
  良一

  【平成二十四年十一月靖国神社社頭掲示】

ニューヨークの真只中に突進したく(銃後も奮闘を)

2012年4月16日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍主計少佐  樋口 征太郎 命
  昭和十九年九月十三日
  比島セブ北方海上にて戦死
  大阪市阿倍野区出身 二十五歳

(前略)
 戦局愈々(いよいよ)苛烈となりサイパン島も遂に玉砕し内地の皆様も切歯扼腕(せっしやくわん)され居る事と存じます。吾々も出来れば爆弾をいだきてニューヨークの真只中に突進したく歯ぎしりかんで居ります。只今亦(また)東條内閣総辞職の内地放送を聞きました。吾々は最早生きて帰るなどとは夢にも考へては居りませんが内地の皆様かこれしきの事にて些(いささ)かにても志気沮喪(そそう)されざらん事を心より祈るのみです。
 まだまだこの戦はこれ位のものではありません。更に猛烈化し、内地は毎日空襲を受ける様になる事でせう。吾々現地の者はどれだけ敵の攻撃が猛烈化しても祖国の必勝を固く信じて奮闘して居ります。一刻も早く増産の結果を戦地にもたらされん事を待つて居ります。
 では皆様もお身体に気を付けられて銃後に奮闘されん事をお祈り致し居ります。私も身体には充分気を付けて居ります故何卒御安心被下度お願申上ます。では又お便り致します。
                  敬 具
 父 上
 母 上 殿
 英 子
                征太郎より

  【平成九年九月靖國神社社頭掲示】

遺書

2012年3月12日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少尉 南 正夫命
  昭和十八年三月三日
  ニューギニア島ラエ東北方
  約四五哩海上にて戦死
  大阪府北河内郡星田村出身
  二十四歳

 大東亜戦争今ヤ酣(たけなわ)ナリ。我モ亦、帝国軍人トシテ壮途ニ上ル。
 固(もと)ヨリ生還ヲ期セズ。サレバ予メ此処(ここ)ニ遺書ヲ記シ、以テ謹
ミテ南家御一同ニ示サントス。
 我生ヲ禀(う)ケテ、ココニ二十有三年。其間南家ノ長男トシテ祖父母、父
母様方ノ此(この)上(うえ)ナキ御慈(いつく)シミヲ受ケ、誠ニ浮世ノ苦難ヲ知ラヌ、多幸ナル生涯ヲ送リ得タリ。コレ偏(ひと)ヘニ、我ガ祖先就中(なかんずく)、祖父母様父母上ノ山ヨリモ高ク、海ヨリモ深キ御恩ナリト厚ク御礼申上候。
 然ルニ我、此処ニ死ス無窮(むきゅう)ノ恩ニ報イルニ夭折(ようせつ)ヲ以テ
スルハ、深ク我ノ遺憾トスル所ナリ。
 サレド我ハ今、天皇陛下ノ御楯トシテ皇国ニ殉ジタルナリ。
 然モ忠孝一本ハ我国道義ノ精粋(せいすい)ナレバ、皇国ニ殉ズルヲコソ親ニハ孝ナレト謂ハン。我ハ心身一切ノ力ヲ尽クシ、従容(しょうよう)トシテ悠久
ノ大義ニ生キタルナリ。
 幾(こいねがわ)クハ此ヲ以テ、我ノ親ニ対スル最大ノ孝ナリト思召(おぼしめし)下サレヨ。
 我ガ死ヲ聞カバ、孫ヨ倅(せがれ)ヨ良クヤッタリト御褒メ下サレ度候。
(中 略)
  大日本帝国万歳  南家万歳

     辞  世

  花ト咲キ 花ト散ル身ノ 我ナレハ
        カネテコノ日ヲ 待詫ヒシナリ

  頓首
  昭和十七年一月七日                 正 夫

  南家
  御一同様

  【平成二十四年三月靖国神社社頭掲示】

立派な死を遂げます

2010年12月10日 金曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

立派な死を遂げます

       海軍飛行兵長 硲(はざま)榮次命
       昭和十八年十二月二十八日
       ビスマルク群島方面にて戦死
       大阪府大阪市住吉区出身 十九歳

前略(鉛筆にて失礼)
先日は有難うございました。
いよいよ戦地に行くこととなりました。
不用品を送ります。中に時計と、通帳(現金在中)があります。
時計は兄さんへ返上致します。
通帳は「ミシン」代の費用として、尋子にやって下さい。
生を受けて十九年、母様に何の孝養も尽さず、親不孝の罪をお許し下さい。
陛下の御民の一人として立派な死を遂げます。

 大空に生き
  大空に死す
   これ男子の本懐なり

最后に一同様の御壮健をお祈り致します。

                 榮次より

【平成二十二年十二月靖国神社社頭掲示】