‘佐官’ タグのついている投稿

我は御國の山桜(出撃に際して)

2014年10月6日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 緒方 襄 命
  神風特別攻撃隊神雷部隊桜花隊
  昭和二十年三月二十一日
  沖縄方面にて戦死
  海軍第十三期飛行科予備学生
  関西大学
  熊本県出身
  二十三歳

懐しの町 懐しの人
今吾れすべてを捨てて
國家の安危に
赴かんとす
悠久の大義に生きんとし
今吾れここに突撃を開始す
魂魄《こんぱく》國に帰り
身は桜花のごとく散らんも
悠久に護國の鬼と化さん

いざさらば 我は御國の山桜
母の身元にかへり咲かなむ
          海軍中尉 緒方 襄

  【平成九年三月靖國神社社頭掲示】

遺書

2014年9月15日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少佐 森本 三郎 命
  昭和十八年九月三日
  ニューギニア ウエワクにて戦死
  兵庫県印南郡別所村出身
  二十六歳

一、
 皇民トシテ錦旗ノ下ニ死ス
 之臣ノ無上ノ光栄ナリ死シテ
 皇居守護ノ鬼ト化シ猶悠久ニ
 皇國ト共ニ生クルヲ喜フ

二、
 死ニ臨ミ悔ケレト未タ御奉公ノ
 足ラサリシト垣内ニ逆臣名利ニ
 趨ル徒輩ノ絶エサルヤヲ憂フ
 老幼男女階級ヲ問ハス眞ニ皇民
 タルノ光栄ニ感激シ各々ノ使命
 ヲ自覚シ己ノ最大ヲ傾ケ皇ニ奉
 シ顧ミテ恥サルヲ望ム

三、
 遺品ヲ残シ遺族ノ涙ト化スヲ欲
 セス皇國ニ生レ彼蒼ニ散華シ
 遺骨ノ帰省固ヨリ期セス何処ニ
 散ルトモ八紘建設ノ浄土ト化サン

四、
 両親ノ恩ニ報イルニ心配ノ累積ヲ
 以テセシ罪今日ノ壮行ニ免シ許シ
 給ヘ

                 三郎

  【平成二十六年九月靖國神社社頭掲示】

犠牲ヲ踏ミ越エテ突進セヨ(水漬く屍………海底の遺書)

2014年8月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 樋口 孝 命
  昭和十九年九月六日
  徳山湾にて特攻兵器「回天」
  第一号を操縦訓練中、
  黒木博司少佐と共に殉職
  東京都中央区出身
  海軍兵学校卒
  二十三歳

  指揮官ニ報告
予定ノ如ク航走、一八一二潜入時突如傾斜DOWN二〇度トナリ海底ニ沈坐ス。其ノ状況、推定原因、処置等同乗指導官黒木大尉(少佐)ノ記セル通ナリ。事故ノ為訓練ニ支障ヲ来シ洵《まこと》ニ申訳ナキ次第ナリ。
  後輩諸君ニ
犠牲ヲ踏ミ越エテ突進セヨ、
七日〇四〇五呼吸困難ナリ、
大日本帝國万歳三唱ス。戦友黒木ト共ニ。
訓練中事故ヲ起シタルハ戦場ニ散ルベキ我々ノ最モ遺憾トスルトコロナリ。
然《しか》レドモ犠牲ヲ乗越エテコソ発展アリ、進歩アリ、庶幾《こひねがは》クバ我々ノ失敗セシ原因ヲ探究シ、帝國ヲ護ルコノ種兵器ノ発展ノ基ヲ得ンコトヲ。
 周到ナル計画、大胆ナル実施、生即死、〇四四〇、
 國歌奉唱ス〇四四五、
 〇六〇〇猶《なほ》ニ人生ク、行ヲ共ニセン
 大日本帝國万歳 〇六一〇、
  十九年九月六日
            海軍大尉 樋口  孝

  【昭和四十一年十一月靖國神社社頭掲示】

吾々の神聖さがあります

2013年12月16日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 矢野 徹郎 命
  昭和十九年十二月七日
  比島方面にて戦死
  愛媛県越智郡津倉村出身 二十五歳

お便り有難う。お元気何よりです。愚生相変らずにて大空を翔けて居ります。
早いものです。一年余の歳月が流れました。
大祭も近づく頃!肌寒い風の吹く頃は、常に駅伝のことを思ひます。
日一日と風がつめたくなるに従って、練習も苦しくなって行った。
山田は実に懐かしい土地です。一木一草、思出でないものはありません。
宮川、御幸みち、塚山の下宿生活、山寮の思出、古市時代、親しき友。
友の姿を偲びつつ、弛みがちなる心を引締めてゆく。大空を翔ける心、既に何人かの屍をのり越へて来た。
日々の訓練は生命がけであります。訓練が生命がけであるだけに、戦友との結びは兄弟以上のものがあります。学生時代の様な子供の遊びの域を脱し、
最早大人の時代へ遷らせます。
吾々の生活…飛行機に乗ったとき、全てを忘れることです。ここに他と異なる吾々の神聖さがあります。
今日は雨で飛行場のエンドがかすんでみえる。はるかに石の鳥居が寂として立ってゐる。
昨日迄立ってゐた幟もとりはらわれた。秋祭りも終った。

    秋祭り 幟はためき 虚空高し

秋の空!なんと大きな心。大空に向って深い呼吸をしてごらん。
身も心も清々しく、己の心も大空の様な偉大さをわきたたせる。
急上昇するとき、淡雲がぐくっと顔前にせまる。
操縦桿を右にとる。大きな円を画いて吾が飛行機はもとの姿勢にかへる。
なんとすばらしい生活ではありませんか。

     醜の御楯

   吾も亦 この鎮宮に 祀れん日もあらんかと 宮造りしみじみ拝す

   五尺の身 ありとあらゆる 力もて 尽しまつらん 醜の御楯は

  【平成二十五年十二月靖国神社社頭掲示】

無に近い境地です(最 後 の 筆)

2013年6月3日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 都所 静世 命
  回天特別攻撃隊
  昭和二十年一月十二日
  ウルシー海域にて戦死
  海軍機関学校第五十三期
  群馬県吾妻郡原町出身 二十一歳

 蒸風呂の中にゐるやうで、何をやるのもおくくふなのですけれど、やさしい姉上様のお姿を偲びつゝ最後にもう一度筆をとります。(中略)
 三十日の一七〇〇、豊後水道通過、迫り来る暮色に消えゆく故国の山々へ最後の訣別をした時、真に感慨無量でした。日本の国といふものが、これほど神々しく見えたことはありませんでした。神州断じて護らざるべからずの感を一入深うしました。
 姉上様の面影がちらつと脳裡をかすめ、もう一度お会ひしたかつたと心のどこかで思ひましたが、いやこれも私心、大義の前の小さな私事、必ず思ふまいと決心しました。(中略)
 艦内で作戦電報を読むにつけても、この戦はまだまだ容易なことではないやうに思はれます。若い者がまだどしどし死なゝければ完遂は遠いことでせう。(中略)
 生意気のやうですが、無に近い境地です。攻撃決行の日は日一日と迫つて参りますが別に急ぐでもなく日々平常です。太陽に当らないのでだんだん食欲もなく、肌が白くなつて来ました。(中略)
 今、六日の〇二四五分なのですが、一体午前の二時四十五分やら、午後の二時四十五分やらとにかく時の観念はなくなります。
 姉上様、もうお休みのことでせうね、今総員配置につけがありました。ではさやうならします。姉上様の末永く御幸福であります様、南海の中よりお祈り申し上げます。
  一月六日
 姉 上 様              静 世

  【昭和四十三年一月靖國神社社頭掲示】

決シテ涙ヲ流シテ下サイマスナ

2013年3月18日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 天野 一史 命
  昭和二十年三月十九日
  九州東南方海面にて戦死
  奈良県吉野郡黒瀧村出身
  二十五歳

御父母上様
私ハ此ノ様ナ拙文デモ、今度戦地ヘ出タラ再ビ御出会出来ヌモノト思ヒ、真心コメテ書ク事ノ出来ル資格ニナッタカト思ヘバ、本当ニ感謝ノ念デ胸ガ一杯デアリマス。
中学以来航空ニ志シ、父母ノ了解ヲ待タズ色々ナ心配ヲカケ、決戦ガ血戦ヲ生ンデ、昨夏全学徒ヨリ飛行予備学生ガ募集サレルヤ、小生ノ応募ヲ許シテイタダイタ時ノ喜ビ、先祖代々ヨリ伝ハル至誠尽忠ノ赤キ血ハ躍ルヲ覚ヘマシタ。
而シテ時ハ早クモ一年ハ流レ、艦爆隊士官トシテ近ク決戦ノ大空ヘ飛立ツ事ト相成リ、本ヨリ生還ハ期セズ。(中 略)
想フニ此ノ年マデ私ヲ教育シテ下サレ、父母ノ慈愛ノ下ニ過シタ生活ハ、私ハ本当ニ幸福デアリマシタ。
私ハ此ノ御恩返シハ、只々一身ヲ国ニ捧ゲテ立派ナ死ニ方ヲスレバ、御両親モサゾカシ喜ンデ下サル事デセウ。
一史戦死ノ報ガアリマシテモ、決シテ涙ヲ流シテ下サイマスナ。
一史ノ写真ニ只一言「良クヤッテ呉レタ」ト言ッテ下サレバ、私モ大手ヲ振ッテ靖国神社ヘ行ケマス。
我々青年士官ガ頑張ラナクテハ、他ニ誰ガ元ノ日本ニ戻ス事デセウ。
想ヒ出ハ尽キズ。又、想ヒ出セバ想ヒ出ス程胸ガ一杯デス。
何卒、今マデノ不孝ヲ御許シ下サイ。
御両親様モ御体大切ニ、余生ヲ御送リ下サイ。
   昭和十九年八月二日
       午後四時半 於 書院
御両親様ヘ
    出陣ニ際シ

             海軍少尉 天野一史
【平成二十五年三月靖国神社社頭掲示】

大義に生きんと覚悟致して居ります

2013年2月18日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少佐 橋詰 良直 命
  昭和二十年二月二十四日
  東部ニューギニア・イロップにて戦死
  新潟県中頸城郡板倉村出身
  二十五歳

皇紀二六〇四年の新春を迎へ、謹みて新年を賀し奉ります。
御両親様には、愈々御壮健にてお暮らしのことと推察致し喜んで居ります。
当方面戦況益々緊迫を告げ、元旦と雖《いえど》も全てを忘れて新年を祝することも出来ず、頭は常に戦場に馳せて居ります。
敵情急速に変化を来し、今や敵を至近の距離に迎撃せんとして居ります。或はこれにて最後となるかも知れませんが、決して犬死はせん覚悟であります。
目下、某要職に就いて居ります。部下も或は沢山戦死をするでありませう。部下のみを殺しは致しません。
○○と運命を倶《とも》にし、身命の存する限り一意宿敵撃滅に邁進致します。
幼にして父母の膝下《しっか》を離れ、何等孝養を尽し得ざりしは甚だ残念に且《かつ》、心残りではありますが、大義に生きんと覚悟致して居ります。
兄さん弟には宜敷くお伝へ下さい。近所の皆様に宜敷く。
猶、私戦死の時は伊藤様にのみお伝へ下さい。
ここに最後のお便りをなし、お別れ致します。
                     敬 具

   【平成二十五年二月靖国神社社頭掲示】

遺書

2012年12月17日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少佐 山本 卓美 命
  昭和十九年十二月七日
  比島レイテ島付近にて戦死
  福岡県糸島郡前原町出身
  二十一歳

父上様
母上様

                     卓美ハ
オ先ニ失礼致シマス。
二十有余年ノ間、此ノ上ナク可愛ガッテ頂キマシタ。
山ヨリモ高ク、海ヨリモ深キ養育ノ御恩ニ何等報
ユル所ナク、御心配ヲカケ通シテ参リマシタガ、
今ヤ御恩ノ万一ニ報ユル時ガ参リマシタ。
光栄アル八紘隊長ニ選バレ、南海ニ水漬ク屍トナ
ルハ男子ノ本懐、只々感謝感激ノ外アリマセン。
信ズルハ 皇国ノ必勝
祈ルハ  皇運ノ無窮
靖国神社デ、オ待チ致シテ居リマス。
御両親様、幸福ニ御暮シ下サイマス様、心ヨリ祈
リ上ゲマス。
  昭和十九年十一月三十日

                    山本卓美

   【平成二十四年十二月靖国神社社頭掲示】

明日散る櫻が私です(心残りはありません)

2012年6月4日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 中西 達二 命
  神風特別攻撃隊「常盤忠華隊」
  昭和二十年四月十二日
  南西諸島にて戦死
  山口県出身
  二十二歳

 (前略)
 現在の私には何等心残りはありません。
 唯(ただ)父上母上に対する不孝と不忠、父上母上の悲しみが気にかかります。父上にも母上にも私の死は最大の悲しみだらうと思ひます。
 悲しんで戴ければ私も安心して出てゆける思ひがします。がしかし、私は決して死にません。悠久の大義の道にいつまでも歩を進めてゐます。さうして必ず皈(かえ)つて来ます。あの?國神社にあの護國神社に、又父上母上の枕元に。
 山口にも既に櫻が咲いてゐると思ひます。明日散る櫻が私だと思つて下さい。
 (中略)
 山口のあの山、この川、あの道、この家、今眼前に次々と映じて来ます。先日こちらに来る際、山口の上空を旋回して、皆んなにお別れしようと思つてゐましたがエンジンが少し悪くなつたので宇佐に下りて修理したため、時間がなくて山口まで行けなかつたのが残念です。しかし大島郡は眼下に見て、方便山もはるか彼方に見、たしかに機上で皆とお別れした気でゐます。(後略)

  【平成十六年四月靖国神社社頭掲示】

ニューヨークの真只中に突進したく(銃後も奮闘を)

2012年4月16日 月曜日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍主計少佐  樋口 征太郎 命
  昭和十九年九月十三日
  比島セブ北方海上にて戦死
  大阪市阿倍野区出身 二十五歳

(前略)
 戦局愈々(いよいよ)苛烈となりサイパン島も遂に玉砕し内地の皆様も切歯扼腕(せっしやくわん)され居る事と存じます。吾々も出来れば爆弾をいだきてニューヨークの真只中に突進したく歯ぎしりかんで居ります。只今亦(また)東條内閣総辞職の内地放送を聞きました。吾々は最早生きて帰るなどとは夢にも考へては居りませんが内地の皆様かこれしきの事にて些(いささ)かにても志気沮喪(そそう)されざらん事を心より祈るのみです。
 まだまだこの戦はこれ位のものではありません。更に猛烈化し、内地は毎日空襲を受ける様になる事でせう。吾々現地の者はどれだけ敵の攻撃が猛烈化しても祖国の必勝を固く信じて奮闘して居ります。一刻も早く増産の結果を戦地にもたらされん事を待つて居ります。
 では皆様もお身体に気を付けられて銃後に奮闘されん事をお祈り致し居ります。私も身体には充分気を付けて居ります故何卒御安心被下度お願申上ます。では又お便り致します。
                  敬 具
 父 上
 母 上 殿
 英 子
                征太郎より

  【平成九年九月靖國神社社頭掲示】