平成27年4月社頭掲示

2015年4月3日

平成27年3月社頭掲示

2015年3月3日

平成27年3月社頭掲示

2015年3月3日

平成27年2月社頭掲示

2015年2月3日

平成27年1月社頭掲示

2015年1月3日

平成26年12月社頭掲示

2014年12月3日

遺 書

2014年11月17日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍二等機関兵曹 姫野 清馬 命
  昭和十七年七月五日
  アリューシャン列島アガツ島付近にて戦死 
  福岡県糸島郡福吉村出身
  二十六歳

母上様には、色々と御心配を掛けまして申し訳
ありません。
海軍軍人となったこの上は、誠心誠意奮闘する
覚悟です。
軍人たる者何時身を捨つることあるや、今から
決心してゐます。
母上様の並大抵ならぬ苦労は、身に沁みて有難
いと思ってゐます。
小生今までの御不孝をお許しください。
「一死報國」以って繕はして戴きます。
 母上様に対して深甚の感謝を捧げます。
                     敬具
  昭和十一年五月三十日
                  姫野清馬
母上様

  【平成二十六年十一月靖國神社社頭掲示】

偉大なる歴史の創造

2014年11月3日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍中尉 殿塚 隆治 命
  昭和十九年九月二十八日
  西カロリン諸島パラオにて戦死
  栃木県栃木市出身
  二十五歳

 父上様
           陸軍病院一室にて 児 隆治
 今日も亦《また》爽かな薫風《くんぷう》にアカシアの若々しい香りを肌近く感じる五月の美しい晴天です。窓から見る物みなみどりに萌える南満の風物をながめてゐると、思ひがけなくも寒かつたチチハルの訓練、苦しかつた冬季演習などが想出されて来て、白衣に不遇をかこつ現在が夢の様に思はれてなりません。世の中は併《しか》し眇《すがめ》たる一見習士官の負傷などと云ふ事には何の関心もなく、何物にも妨げられぬ巨大な歴史の歩みをつづけて居ます。世界は此の偉大なる審判者の血みどろの努力をつづけてゐるのです。そして私は今日ほど世界各國が、とりわけ我日本が此の歴史に対し、敬けんな崇高に近いあり方をしてゐる時はありえなかつたと思つてゐます。
 静に欧大陸を想ひ、米州内部の諸事情を辨《わきま》へ、翻《ひるがえ》つて我日本に当面せる現実に到達する時、私は偉大なる歴史を創造してゐる私達自身の姿をいやでも見出ださねばならないのです。
 (中略)
 國事、家事共に多端の折から皆様の一層の御自愛をお願ひ致します。
 五月二十二日
 この身いま白衣にありて國思ふ
 薫風に白衣をかこち國思ふ

  【平成十二年五月靖國神社社頭掲示】

遺 書 状

2014年10月24日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 小松 進 命
  昭和十八年十月十六日
  ニューギニアにて戦死 
  長野県諏訪市出身
  三十五歳

一、君ニ召サレテ屍ヲ戦野ニ曝スハ固ヨリ武人ノ本懐ナリ

一、盡忠ノ大義ニ生ク晴天ノ如シ

一、忠誠ノ士ハ純情ノ孝子ナリト祖先ノ遺風ヲ顕彰セン

一、残レル妻ノ使命ハ孝養ト子等ノ教育ナリ

一、昭夫ハ承継ナリ重夫・恭夫ハ大陸ニ勇飛セン

一、久子ニハ良縁ヲ

一、今ニシテ各位ノ好意ノ大ナルニ比シ恩ニ報ユルナカ
  リシヲ

一、各位ニ宜敷ク

   昭和十六年八月
                     進
妻へ

  【平成二十六年十月靖國神社社頭掲示】

我は御國の山桜(出撃に際して)

2014年10月6日

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍少佐 緒方 襄 命
  神風特別攻撃隊神雷部隊桜花隊
  昭和二十年三月二十一日
  沖縄方面にて戦死
  海軍第十三期飛行科予備学生
  関西大学
  熊本県出身
  二十三歳

懐しの町 懐しの人
今吾れすべてを捨てて
國家の安危に
赴かんとす
悠久の大義に生きんとし
今吾れここに突撃を開始す
魂魄《こんぱく》國に帰り
身は桜花のごとく散らんも
悠久に護國の鬼と化さん

いざさらば 我は御國の山桜
母の身元にかへり咲かなむ
          海軍中尉 緒方 襄

  【平成九年三月靖國神社社頭掲示】