遺言状

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長 辻本 孝一 命
  昭和二十年十一月三十日
  ソ連シベリヤハバロフスク州
    コムソモリスク収容所にて戦病死
  大阪府大阪市浪速区出身
  二十三歳

本日、遂に此の書が開かれた。
小生は入営兼出陣の際より、生還を期せず。先づ、父上様始め皆様の御恩を謝す。
出陣の時より、家の生活に付ひては少しも気に掛けず、皆、初子、父上様に御委託済の事。
修二も軍属にて何処に有りや不明。家の事は、父上様に修二に宜敷き様、取計って頂き度い。
初子もよき人妻になる様。良一もしっかり勉強して、よき日本人になってくれ。
そして、皆力を合せ、父上様を助け、よき家庭を建設してくれ。家の心配事は自分等にて片付けず、宜敷く親族の方に御相談する様、小生よりも宜敷く別書に書いてある。
そして、家族一体幸福、安全を期して頂き度い。
修二よ。初子よ。花子よ。良一よ。
皆、皆、力を合せて父上を助け、大日本帝国の為、頑張ってくれ。
父上様にも充分身体に気を付けられ、楽しく余生を御過し下さい。

             以上
 昭和十九年三月
  入営、出発に際して
             孝 一

  父上様
  修二
  初子
  花子
  良一

  【平成二十四年十一月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , , ,

コメント1件

  1. 外 山 より:

     
    出発に際しての生命の心配は最終的には自分で片付け、死に身になるものであると考える。覚悟は孤独である。また、心配事が全力を阻害し、集中力・体力を減退させる原因であり、これを自力のみで解決する場合の心の負担を考慮され、家庭での心配事を相談し、思い詰めないように促されて居られるのだと想像する。力を合せれば、数的なものだけでなく、精神に安心と余裕が生まれ、家族一体幸福も困難ではない。
     
    夫が妻に「家のことは任せた」というのも、外で集中するためであるように、役割分担と相談ごとの両立が、國と家の両方を繁栄させ子孫に国風や家風の財産を遺せる。立脚する既得権益(以前から存在する足場)を遺せる。以前からあったものをなくすと、ぬかるんで足元が不確かである。戦後生まれた者にとって、戦前の遺風を知るのに英霊の言乃葉(文章)は大きい。
     
    威風堂々と立つには、足腰と土台が必要である。

コメントをどうぞ