決戦場へ征きます

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍軍曹 藤好 京介 命
  昭和十九年九月三十日
  東部ニューギニアにて戦死
  福岡県三池郡高田村出身
  二十七歳

御父上様。
御母上様。
京介は、愈々日本男子として、決戦場○○へ征きます。
電撃的出撃に、光栄と希望と武者ぶるひにて、この筆をとって居ます。
今、静かに生立ちを振り返る時、生を享けて二十六年の今日迄、御両親様には取り分け御心配の掛け続けにて、御高恩の万分の一も御孝養出来なかった豚児(とんじ)を御許し下さい。
何卒、呉々も御自愛になり、健やかな日を御過し遊ばす様、心より御祈り致します。
それから、自分の今後に於ける一切の事柄に関する処置は、総て御両親様に御任せ致します故、宜しく御取計り下さいませ。
又、松田様始め、私が今迄に御世話になりました方々には、御両親様より宜しく御伝へ下さいませ。
中林町の伯父上様にも御高齢の事とて、折角の御自愛と私の感謝とを御伝へ下さいませ。
最後に重ねて御両親様始め、兄上様方妹達の御健康とを祈って筆を擱(お)きます。
   昭和十八年○月○日
                             藤好京介
藤好虎秀様
藤好タキ様

最後の外出は、とても愉快でした。ブドー酒の乾杯で幸先よいです。

  【平成二十四年九月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , , ,

コメント2件

  1. 外 山 より:

     
           心、そして筆を震わす勇猛心。

           死ぬかもしれない時が一番面白い。

           きっと幸福感と決戦場は同じ事。

           戦から離れて、
           平和に幸せを感じるのは勿体ない事だ。

     
                                   皇紀 2672年 9月 17日(月)

  2. 外 山 より:

     
       『 ※ ディスコルシ 』 という本には、< もし、勇敢な者を尊ぶ宗教が
       もたらす 祖国の士気高揚 と 防衛意識 の効能に思いをいたすなら
       我々は当然、生を享けたこの国を熱愛し、これを称えるのが義務で
       あることを痛感し肝に銘ずるようになる。 これは更なる発展をみせ、
       進んで祖国防衛に挺身する ( 自らの身を顧みぬ ) 精神となる >
       のようなことが書かれていて 、英霊の靖国神社の効能で根本の魂
       が触発されるように思います。
     
        ※ 別名 、ローマ史論 とか リウィウス論 、政略論 など
           とも呼ばれる本のこと

     
                                   皇紀 2672年 9月 20日(木)

コメントをどうぞ