神 州 不 滅

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

海軍大尉 長原 正明 命
  昭和二十年五月四日
  九州南方海面にて戦死
  海軍第十三期飛行予備学生
  関西学院高商卒
  山口県出身
  二十三歳

この度、将(まさ)に皇國の存亡を決する沖縄作戦に選ばれて参加出来、私平常の願望叶ひ、非常に光栄に思つて居ります。
 当地に来てより二十日余りになるのに、不思議に生き永らへ、今だに御奉公いたして居ります。
                 (中略)
 いつ終るとも分らぬこの作戦、今迄生き残つたのが不思議な程です。この言伝(ことづて)が届く頃には、特攻隊でゞも突込んでゐるかも知れません。
 併(しか)し私は幸福です。心から喜んで死んでゆけます。
 たゞ父上母上に孝養の万分の一も尽し得ないのを心苦しく思つて居ります。
 神州は不滅です。絶対に日本は負けることはありません。この基地に来て多くの特攻隊員の出発を眼前に見て、この信念は益々強くなるばかりです。
                 (中略)
 どうか國民一致して頑張つて頂きたいものです。特攻隊員の死を無駄にさせたくないものです。
 いろいろ書きたいことはありますが、とにかく男として死場所を得たことをほめてやつて下さい。
                 (中略)
 どうか兄上、良明、裕子、悦子、恭子はじめ皆様によろしく、達者で御暮し下さるやうお祈りいたします。

                   正明

 父 上
     様
 母 上

  【平成元年三月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , , , ,

コメント1件

  1. 外 山 より:

     
        勇者である。
     
        勇者があって滅びず、王者があって勝つ。
     

                                   皇紀 2672年 7月 2日(月)

コメントをどうぞ