遺書

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍少尉 南 正夫命
  昭和十八年三月三日
  ニューギニア島ラエ東北方
  約四五哩海上にて戦死
  大阪府北河内郡星田村出身
  二十四歳

 大東亜戦争今ヤ酣(たけなわ)ナリ。我モ亦、帝国軍人トシテ壮途ニ上ル。
 固(もと)ヨリ生還ヲ期セズ。サレバ予メ此処(ここ)ニ遺書ヲ記シ、以テ謹
ミテ南家御一同ニ示サントス。
 我生ヲ禀(う)ケテ、ココニ二十有三年。其間南家ノ長男トシテ祖父母、父
母様方ノ此(この)上(うえ)ナキ御慈(いつく)シミヲ受ケ、誠ニ浮世ノ苦難ヲ知ラヌ、多幸ナル生涯ヲ送リ得タリ。コレ偏(ひと)ヘニ、我ガ祖先就中(なかんずく)、祖父母様父母上ノ山ヨリモ高ク、海ヨリモ深キ御恩ナリト厚ク御礼申上候。
 然ルニ我、此処ニ死ス無窮(むきゅう)ノ恩ニ報イルニ夭折(ようせつ)ヲ以テ
スルハ、深ク我ノ遺憾トスル所ナリ。
 サレド我ハ今、天皇陛下ノ御楯トシテ皇国ニ殉ジタルナリ。
 然モ忠孝一本ハ我国道義ノ精粋(せいすい)ナレバ、皇国ニ殉ズルヲコソ親ニハ孝ナレト謂ハン。我ハ心身一切ノ力ヲ尽クシ、従容(しょうよう)トシテ悠久
ノ大義ニ生キタルナリ。
 幾(こいねがわ)クハ此ヲ以テ、我ノ親ニ対スル最大ノ孝ナリト思召(おぼしめし)下サレヨ。
 我ガ死ヲ聞カバ、孫ヨ倅(せがれ)ヨ良クヤッタリト御褒メ下サレ度候。
(中 略)
  大日本帝国万歳  南家万歳

     辞  世

  花ト咲キ 花ト散ル身ノ 我ナレハ
        カネテコノ日ヲ 待詫ヒシナリ

  頓首
  昭和十七年一月七日                 正 夫

  南家
  御一同様

  【平成二十四年三月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , , ,

コメント3件

  1. 外 山 より:

     
     「 たけなわ 」 を示す漢字には「 酣 」 と「 闌 」があり、詳細は下記の様です。
     
                   ★       ★       ★ 
     
     酣( カン ) 「会意、酉(酒)と甘(うまい)との合字」
     
       意味は、1.酒宴の最中 2.ものごとの最中 3.十分に酒を飲む
             4.酒を飲んで楽しむ 5.ほろ酔い

     【酣歌】カンカ    酒を飲んで楽しんで歌舞する
     【酣暢】カンチョウ 酒に酔って、気分がのびのびする
     【酣嬉】カンキ    十分に酒を飲んで楽しむ
     【酣興】カンキョウ 酒を飲んで十分におもしろくなる

     【酣春】カンシュン 春のまっさかり
     【酣酣】カンカン   春の景色ののびのびとたけなわなさま。
                 酒を飲んで上機嫌なさま。
                 花のまっさかりの様子。
     
      ですから、この漢字はどうも「酒を飲んで気分が良く、心が広がって、
      のびのびとして面白い状態。今なら何でもできるようだ、思った通り
      できて一番華がある時」という雰囲気です。

     戦で、両軍入り乱れて戦闘の真っ最中というのを酣戦(カンセン)と言います。
     
                   ★             ★
     
     闌( ラン )
     
       意味は、1.最中 2.少しさかりを過ぎた形容 3.ふける
             4.終わりに近づく 5.さえぎる。じゃまをする

     【闌入】ランニュウ 許しを得ないでむやみにはいる

     【闌珊】ランサン  衰えるようす
     
     
      そのため 、 「 闌 」 という字を使ってしまうと 残念な雰囲気が出てきますが、
     「 酣 」 はモリモリ・ムキムキした力強さがあります。
     
                   ★       ★       ★ 
     
     壮途(そうと)は、行く先に大きな希望が待っている勇ましい門出のことです。

     
      「 大東亜戦争いまや酣なり。我もまた、帝国軍人として壮途に上る 」 とは、
     男子の門出として最も相応しい状況が今まさに目の前に拡がっている。拡大
     していっている。ここで往かなくて何時、往くだろうか。全身に血が巡って心の
     気圧が高い今こそ出陣の秋である。というような意味でしょう。
     
      この 、「 ドンパチ盛り上がってきて、 気分が盛り上がってきた 」という勇猛
     心を、読んでいるだけでなく私も実際に取り入れたいと思います。
     
     

                                   皇紀 2672年 3月 14日(水)

  2. 外 山 より:

     
             天皇陛下ノ御楯トシテ皇国ニ殉ジタルナリ
     
       あまり、着眼点として分析されていないことに、「 靖国に祀られ
       たら、あの尊い 陛下 が靖国神社に来られるんだ 」 という軍人
       の思いがあります。

       これは即ち、英霊となった後でも臣民であることです。
       「 肉体は亡び、その魂は英霊として召し上げられて、それでも
       なお 朕に 忠義する九段の英霊達 」ということになります。
       この絆で、その勇気が国の至宝、その道が 皇道 であるという
       こと、これが一番重要です。

       皇軍とは、君を護る盾と成り、君のために戦う剣となることを誓
       う心が永遠であって成り立っているのが最強である理由です。
     

       参考 : アニメ 『 Fate Zero 』
     
     
                                   皇紀 2672年 3月 17日(水)

  3. 外 山 より:

     
      「 街の灯が 消え果てて 脅える帝都に
       
            虹の色染め上げて 踊りでる戦士たち 」( 田中公平 作曲 )
      
     
     これは、僕が小学生の時に好きだった曲で、非常時にどれだけカッコイイ
     かを言葉にした 「有事斬然」 が歌詞になったようなものです。 即ち、有事
     には愚図愚図せず活き活きやる、 斬新に、 そして鮮烈(斬然)に行う!と
     いう格言そのままで、なっかなか格好良い曲です。
     
     英霊の事跡も、こういう姿であるから好きになったのかもしれません。
     

                                  皇紀 2672年 4月 22日(日)

コメントをどうぞ