雑煮も汗を出して腹一杯戴きました

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍伍長  松浦義一命
    昭和十八年一月十日
    ソロモン群島ガダルカナル島
    タサワロングにて戦病死
    愛知県東春日井郡小牧町出身
    二十五歳

前略。
待ち遠しかった内地からの第一信の航空便、先月二十七日に受取りました。
余りの嬉しさに幾度もくも読み返しました。
実に、便り程いいものは有りません。お手紙によって故郷の様子もよく分り大変喜んで居ります。
大分寒くなった様子ですね。此方も先月は大分朝夕冷えましたが、一月になってからは寒い日はありません。
(中 略)
次に十六年の元旦は討伐中に迎へ、実に感慨無量なものがありました。
正月の三日間も実に愉快に送りました。雑煮も汗を出して腹一杯戴きました。
兵舎の前の門松も実に堂々たるものです。この門松の前で写真を撮って戴きましたから、これも出来次第お送り致します。
次に同封の写真二枚は任地に到着間(ま)もなく撮って戴いたものです。御笑納下さい。
それから、この外まだ色々の写真がありますが、これ等も追々御送り致します。
兎(と)に角(かく)、写真の通りの元気さですから御安心下さい。(後略)

一月四日
                                              義 一
 父 上 様

タグ: , , , ,

コメント2件

  1. 外 山 より:

     
    (坂本)龍馬さんの文章にも手紙の最後「龍」と書いてあって、これはカッコ良いので真似ます。

     さて。御手紙の中で、写真が出てきます。この元気な写真が、英霊を偲ぶよりどころと成ると思います。写真は撮っておくべきだと思いました。

     元旦を討伐中に迎え、というのがカッコ良い。騒がしい中に、心の安らかさを得るのだと思いますから、茶道みたいなものかもしれません。

     なんらかの形で通信ができると、ほっと責任感がじわっと来て、良い緊張感かもしれません。

    「 兎に角 」と意地で安心させようという、言葉の圧縮の仕方が面白かったです。
     
     

     皇紀 2672年 1月 5日

  2. 外 山 より:

     ◆
     ◆
     ◆     「いったい人は、どこまで尊くなれるのか?」
     ◆
     ◆     こういう理想が形となっている英霊は最高だ。
     ◆
     ◆
     ◆  鳥が 「 僕は飛べるだろうか?」 などと迷うのは巣立ちの
     ◆  時だけで、魚にいたっては泳げて当然と疑問にも思わな
     ◆  いはずだ。
     ◆
     ◆  人だけが 「 立派になれるだろうか?」 と想わなかったり、
     ◆  諦めたりする。 先に飛んでみせて、 心を引きつけるよう
     ◆  な 者がいない時もある。
     ◆
     ◆  さあ、ここで英霊の出番だ。英霊に引きつけられて、どん
     ◆  な 遠いとこからでも参拝する。
     ◆
     ◆  そんな 英霊 に 近付き、 どこまで飛ぶんだろうか?
     ◆  面白そうだ。
     ◆
     ◆
     ◆
     ◆                     皇紀 2672年 1月 13日

コメントをどうぞ