戦地からの葉書

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

戦地からの葉書

  陸軍兵長  倉本和三郎 命

  昭和十九年七月十三日
  中国湖南省邵陽縣白鶴舗にて戦死
  京都府京都市東山区出身 三十五歳

 其之後ハ、御無沙汰シテ居リマス。
 家内一同、変リハ無イデスカ。
 又、子供等ハ達者デアルカ。
 百姓仕事ヤ、工場仕事モ大変忙ガシイ事ト思ヒマス。
 出来ル丈気張テ働クノガ、銃後(じゅうご)ノ務(つと)メデス。
 寒ク成ッテ来マシタカラ、風邪ニカカラヌ様注意。又、火ノ用心ニ特ニ気ヲ付ケル事。
 村ノ務メヤ、交際ハ十分ニナサイ。
 ペントナイトノ状況ハドウカ。
 機械ノ調子ハウマク行クカ。
 稲ノ取入モ近ヅイテ来マシタ。大イニ努力セヨ。
 自分ハ、非常ニ元気デ御奉公シテ居リマス。
 奥田吉造殿ニ宜敷ク云ッテ呉レ。スベテノ事ハ尋ネナサイ。
 自分ヲ何ヨリモ大切ニセラレ度シ。

                            【平成二十三年七月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , , ,

コメント1件

  1. 外 山 より:

     死と真っすぐ向き合う精神力で自身の不安が解決されていると、
     家族や周りへの気遣いの「心のゆとり」となって精神状態に現
     れるのであろうと推測します。

     皇紀 2671年11月16日

コメントをどうぞ