遺 書

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

遺 書

        海軍大尉 松枝義久命
        昭和二十年二月二十日
        比島 コレヒドール沖にて戦死
        福岡県出身 二十四歳

 生ヲ皇国ニ享ケ天恵洽(あまね)クシテ
 楽々悠々タル二十有余年
 君恩ノ宏遠深厚ナル一死以テ
 酬イントシテ余リアルモノニ候
 義久斯(ここ)ニ大任ヲ拝シ
 恐懼感激措(お)ク處ナク
 唯々身ノ光榮ニ戦(おのの)クモノニ候
 一髪尚軽ク君命ノ重ナル
 今日程痛感セル事ハ御座ナク候
 身更ニ生還ヲ期セズ
 親ニ先立ツ不幸ノ罪何卒御許シ下サレ度候
 鶴脚ノ如ク細キ赤坊ニ
 米汁トギスマシテ含マセラレ
 或ハ病魔ノ拂(はら)ヒニ
 時ヲ屡(しばしば)シテ御両親様ニハ
 幾度カ御心配ヲオカケ申候
 義久今日ノ姿誠ニ御両親様ノ賜ニ候
 兄上様姉上様弟妹ニ対シ我
 生涯ノ恩ヲ謝スルト共ニ
 小生ニ代リテ忠孝ヨク致サルベク御願仕候
 此ノ度ノ戦争ハ百年戦争ニ候ヘバ
 忠ヲ楠氏ニ比シ孝ヲ尊徳ニ比サルベク候
 永ラク御付合ヒ下サレタ皆々様ニ対シ
 宜敷ク御伝ヘ下サレ度
 尚若キ可愛ユキ数百ノ部下ノ
 御遺族ニ対シマシテハ誠ニ気ノ毒ニ候ヘバ
 小生ニ代リテ深ク謝シ下サレ度候
 最後ニ謹ンデ大日本帝国ノ萬歳ヲ御祈リ申上候

     昭和十九年十月         義久

 御両親様

   たのしみは 彼方の空の紅を
     たゞ一すぢに 思ひ込むとき

【平成二十二年二月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , ,

コメント2件

  1. 外 山 より:

      文章前半:忠君愛国

     天皇陛下の治められ、天から与えられる恵みが広く行き
     渡りやわらぎうるおう(洽く)国に命を身に受けて?

      から始まるこの文は格好が好い。なかなか。

     天神地祇(天つ神と国つ神)を祭る宮中祭祀により、
     天と人の和やかな状態がある、だから悠々と伸びやかに
     生きられるのだ。
     こういう、伝統から入って行くところが良い。

     次の、「宏遠深厚」は僕が好きな教育勅語からの言葉で、

         我国の成立は、
         度量が広く才知が遠大(宏遠)にはじまり、
         真心から恩徳が大きくあつい(深厚)ものである

             (『教育勅語』から)

     これは紀元節の大切さも解る、そういった文章である。

     このような最高の国に育ち、そして我が国を守る大きな
     任務をおおせ付かったらば、感激の大きさはくらべるも
     のなく、光栄であります。

     日本の神話を見ると、ただ生まれただけでは神だけれど
     も、何か 命令・指令 を受けると「 命 」になるようで、イザ
     ナギ・イザナミの神が「 国をつくりなさい 」との大命を拝す
     るとイザナギ・イザナミの命になります。
     だから、命というのはかなり偉いのです。

     そのような重みを身に受けて。
     そうして次の「生還ヲ期セズ」と死ぬことが前提というのが
     天晴れである。

         ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

      文章中盤:親孝行

     中盤は、赤ん坊の頃は体が弱く、普通よりも沢山の心配
     をかけて育てて貰った恩は大きく、
     遺言として兄弟姉妹に自分に代わって後を宜しく頼むと
     いうものです。

     それをどのように行って欲しいかという例が、楠正成公
     の忠義と二宮尊徳先生の孝行であり、高級なものを要求
     しています。

     忠義の最高、孝行の最上を条件とするのが理想が高くて
     とても良い。面白い。

          ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

      文章後半:仁愛

     後半は、部下を可愛がる心が書いてあります。

     自分が率いた兵の命を大事にする気持ちは、僕の私淑する
     乃木希典院長閣下の次のようなエピソードが好きです。

      ◎                            ◎
       難攻不落の旅順を落とした「日露戦争の英雄」
       として、乃木が長野師範学校で講演を求められ
       た時のことです。乃木は演題には登らず、その
       場に立ったまま、「私は諸君の兄弟を多く殺し
       た乃木であります」とひと言いって絶句し、滂
       沱の涙を流しました。これを見た満堂の生徒と
       教師らも、泣かぬ者はいなかったといいます。

       少しも己の功を誇ることなく、多数の将兵を死
       なせた責任を痛感して慟哭する乃木の姿に人々
       は感動したのです

        (『乃木希典 日本人への警醒』中西輝政さん)
      ◎                            ◎

     このような心を、我国の将校は皆持っているのです。
     善い国だ。

      以 上

    皇紀 2671年11月11日

  2. 外 山 より:

     ◎                                            ◎
     
                         乃木さん 精神
     

         和歌は偶成を尊ぶ。 歴史が作歌を扶く。 覚悟が鋭敏を起床する。

         戦場は人物を造る。 出征は喜怒を発す。 勝利し敵将を哀楽する。
     
     
     ◎                                            ◎              

                   皇紀 2672年 10月 10日(水)

コメントをどうぞ