御母さん笑顔で送って下さい

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

御母さん笑顔で送って下さい

        陸軍軍曹 永留 忠男命
        昭和二十年四月十六日
        伊豆諸島御蔵島周辺海域にて戦死
        鹿児島県鹿児島郡伊敷村出身
        二十三歳

御母さん暫らく御無沙汰致してゐます。忠男も益々元気で毎日御奉公一途で励んでゐます。
此の度突然重大使命を帯びて某方面へ出発致します。思残す事はありませんが、二十有三年の間立派な帝国軍人と成る迄訓育下された御恩に何一つ報いる事なく御別れ致すのが心苦しき次第です。
御母さんの今迄の苦労は筆舌に尽しても余りあると思ひます。何時かは母上を幸福にさして上げたいと念願致して居りましたが、今となっては仕方はありません。
しかし大日本に生を禀けし男として最上の孝行の道にのぞまんとする今喜んで征きます。御母さん笑顔で送って下さい。
      (中略)
では最後に御母さんの幸福を祈ると共に、親戚及近所の皆様の御多福を祈りつゝ笑って征きます。

   四月五日

忠男
母上様 

【平成二十一年四月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , ,

コメント1件

  1. 外 山 より:

    我国に天から生を授かった。
    世界中の他のどこの国でもないこの国に生まれて良かった。
    そういう文面が常識として出てくるのが、
    戦前の教育の立派な所。

    お母さんに笑顔で送ってもらえると、
    「最上の孝行の道」の実践が行いやすいから大変に良い。

    皇紀 2671年11月11日

コメントをどうぞ