悠久の大義に生きたり

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

悠久の大義に生きたり

        陸軍准尉 中山 義雄命
        昭和二十一年一月十日
        ソ連ハラグン収容所にて公務死
        東京都港区芝西久保櫻川町出身
        三十二歳

 徒らに嘆くを止めよ。
 吾笑ひて悠久の大義に生きたり。
 児孫の養育及教育は妻たる然して母たる
 御身の責務たり。吾が生前の言葉の如く、
 立派なる御国の吾子の教育をせられたし。
 男の子なれば、士官学校に入校せしむべく、
 教育せられたし。
 女の子なれば結婚期に細かく心遣ひて、
 幸福なる家庭の主婦とすべし。
 残せし資産は有効に使ひて、
 教育を怠ること勿れ。
 父母の孝養は吾に代りて
 誠意之(これ)をなすべし。
 資産の中、伍阡圓は父母様に
 お渡し申上ぐべし。(中略)
 吾子は吾と心得、亦お国の御宝と心得て
 時に秋霜烈日、時に慈愛以て臨まれたし。

               謹 言

昭和十九年八月二十三日

               中 山 義 雄

【平成二十一年一月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , ,

コメント1件

  1. 外 山 より:

    最後の最後まで頼りになる立派な夫の姿である。
    素晴らしい。

    英霊に生かされた子孫である僕も、
    こうならなければなりません。

    皇紀 2671年11月11日

コメントをどうぞ