“民族の誇り”を胸に

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

“民族の誇り”を胸に

  海軍少佐 西田高光 命
  昭和二十年五月十一日神風特別攻撃隊
  「第五筑波隊」隊員として「爆装零戦」に搭乗、
  鹿屋基地を出撃、南西諸島洋上にて戦死
  大分県大野郡合川村出身 大分師範学校
  海軍第十三期飛行科予備学生 二十二歳

  学鷲は一応インテリです。
  さう簡単に勝てるなどとは思つてゐません。
  しかし、負けたとしても、
  そのあとはどうなるのです……
  おわかりでせう。
  われわれの生命は講和の条件にも、
  その後の日本人の運命にもつながつてゐますよ。
  さう、民族の誇りに……

右記の言葉は、西田中尉(当時)が出撃二日前の昭和二十年五月九日鹿児島県鹿屋の野里村(現在は町)の基地に於て、海軍報道班員・山岡荘八氏の質問「この戦を果たして勝ち抜けると思っているのかどうか? もし負けても悔いはないのか?今回の心境になるまでにどのような心理の波があったか」に対し返答したものである。

 【平成十四年四月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , , , ,

コメント4件

  1. 外 山 より:

     劣勢の局面では、
     相手に「戦争を止めたくなる(講和したい)気持ち」を起こさ
     せることが肝心である。

     日本の護国の精神の前に、
     アメリカ側では次のような議論が起こった。

     「日本の本土に近づくほど抵抗は激しくなる。”日本に無条
      件降伏させなければアメリカの負け”というわけではない
      のだから、早く戦争を止めましょう」

     英霊の生命と引き換えに、講和の状況 を相手から引き出
     したのである。大戦果である。

     皇紀 2671年11月14日  

  2. 外 山 より:

     
       最後まで戦い抜いた国だけが民族の誇りを保持できている。
     
                                  皇紀 2672年 4月 22日(日)

  3. 外 山 より:

     
       文士は、きっと世を去った偉人の言行を称えて悲しむ。

       偲ぶ心が顕彰の素の文士は偉人に成るのを諦めて慕う。

       英霊顕彰は継承を含む。文士に悼まれる人物に成ろう。
     
     
                                  皇紀 2672年 9月 30日(日)

  4. 外 山 より:

     
                  誇りは、戦って護るものである
     
     男には、負けるとわかっていても戦わなければならないときってのがある。
     勝つも負けるも関係ない、戦うか戦わないかだ!
     
     女を守って男が戦うか、敵に女を差し出して男が生き残るかで、日本列島
     になるか朝鮮半島になるかが決まるからだ。
     

                   皇紀 2672年 11月 1日(木)

コメントをどうぞ