遺   書

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

遺   書

       陸軍少尉  前田健三命
       昭和十九年二月二十四日
       中部太平洋方面にて戦死
       三重県鈴鹿市一ノ宮町出身 三十二歳

御両親様へ
 只、一人ノ幸子ヲ北満迄寄コシテ下サッタ事ヲ、
 常ニ感謝シテヰマス。
 少シノ孝養ヲ尽ス事ナク、
 カへッテ御心配バカリオカケシテ、申訳有リマセン。
 若クシテ夫ニ離レタ幸子。
 幼クシテ父ト別レタ富美子及来春生レテクル子ノ
 好キナ父母トナリ、
 祖父母トナッテ、軍人ノ妻トシテ遺児トシテ、
 立派ナ日本人ニ育テラレル様、御願申上ゲマス。
 私ハ今何ノ心配モナク、笑ッテ散リマス。

幸子へ
 結婚以来二ヶ年、其ノ間軍人ノ常トハ言ヒナガラ、
 何等夫トシテノ愛情ヲ傾ケル事モナク、
 別レルヲ御詫スル。
 充分健康ニ注意シ、御両親ニ孝行ヲシ、
 子供ヲ有為ノ士ニ育テラレヨ。
 常ニ幾多靖國ノ神トナラレタ人、
 及其ノ妻、子ノ事ヲ思ヒ修養シ、
 婦徳ヲ収メラレヨ。
 次ハ、靖國ノ社頭デ会ハウ。

富美子及来春生レル子へ
 父ヲ知ラナイ諸子ハ、可愛想デアルガ、
 身体ヲ鍛ヘテヨク勉強シ、
 母ノ言フ事ヲ守ッテ立派ナ日本人ニナレ。
 母ハ若クテ父ニ別レ、御身等ノ為ニ強ク生キ、
 凡ユル苦難ノ道ヲ歩ンデキタノデアルカラ、
 充分孝養ヲ尽クシ、イツイツ迄モ労ッテクレ。
 父ハイツモ諸子ノ幸福ヲ祈ッテヰル。

 【平成二十三年二月靖国神社社頭掲示】

タグ: , , ,

コメント3件

  1. 外 山 より:

     
     
       「 身体ヲ鍛ヘテ ヨク勉強シ 」

     勉学という、いちばん体を使わなそうなことも、実は
     精神力と体の元気を合わせた「気力」を用いている。

     気力が衰えないと理想を捨てないから、自然な成り
     行きで國士に育つ。
     体が病気なのに気力があるなら 、ずいぶん心が強
     いということだ。
     
     
     人は理想を持って高く成長する。

     勉学の根本には 、尊敬する人物の人徳へ近付こう
     とする努力( 修養 )があり 、これがあるから昨日の
     自分より一歩前に進める。

     理想を想う心が衰えなければ、学は容易く成る。

     皇紀 2671年12月 6日

  2. 外 山 より:

     
     
      これから遺す「家族」を導く
     

     学ぶには、まず志を立てねばならない。
     
     利に志すか、義に志すか。
     どちらによるかで、 小にもなり 大にもなるのであるという、
     この一番大事なところをつかまえて 見失わない為の予言
     を遺書とされている所が父性及び男性的性質の精華。

     その後の成長を決定する精神の核の育成は、「靖国の神
     が御手本」であることや「有為の士に育てる」ことだと具体
     的な目標で示されていて、きっと立派に育つ。

     なによりも、師につくのでなく、迷いの果てに道を探すので
     もなく、 自分の親から教えてもらえる、示してもらえる、こう
     いうのが有難い。
     
     
     皇紀 2671年 12月 21日

  3. 外 山 より:

     
                   育ち方による精神性の違い
     

     新渡戸稲造著の 『 武士道 』 に 「 アメリカ人はその妻を他人の前で接吻し 、
     私室にて打つ。日本人は他人の前ではこれを打ち、私室にありては接吻す
     る 」 とあり、一見 男らしい彼らが、我が国では一番恥とされることをやって
     いるのが不思議でした。 また、 西洋では手込めにする絵が芸術だというの
     も理解不能でした。
     
     ところでコオロギは普通、 卵が多いですから集団で生活し、軽いケンカをし
     ながら育ち、相手が逃げたらそれでおしまいという秩序のある生活をしてい
     ます。 長尾 隆司 教授は 、コオロギを隔離して育てた場合の研究をされて
     いて、このコオロギは大きく黒くなり、攻撃性が上がります。この黒コオロギ
     は、相手が逃げても追いかけて足を食いちぎり、更に足を失い這いずる所
     を追撃し死に至らしめるのです。 また、通常ではありえない、メスへも攻撃
     を仕掛けます。
     
     普通のコオロギと黒コオロギとを戦わせると、体が大きい黒型に怯んで、す
     ぐに普通型が逃げ出し、 これを黒型が追い回して殺します。 これが逆転す
     るのが、メスがいる普通型に黒を戦わせた場合で、 こんどは メス を守るた
     め普通型が勇猛果敢に黒を追いかけ回して倒します。
     
     それで、欧米は夫婦の夜を邪魔されないように子供を別部屋に隔離して育
     て、 日本は川の字に親子で寝る、こうしてさびしく育った欧米人は攻撃性が
     強いのではないかと想像します。 そして、自分の為に戦うよりも他人を守る
     為に戦う時が最も強いのが日本型なのだと考えます。
     
     また、黒コオロギになるのを個人主義というのだと思います。
     
     黒コオロギは、 闘いに一度負けてしまうと、 自信を喪失して嘘のようにおと
     なしくなってしまうという弱点を持っています。
     

     日本人は戦いで死んでもおとなしくならず、 陸軍曹長 久米俊彦命の言葉を
     借りれば、 「 遂ニ待望ノ日ハ来ル。 生キテ祖國ノ土ハ踏マズ、 笑ッテ護國
     ノ鬼ト化ス 」 鬼神となってまで守り通す。 英霊は、 もとから凶暴な性格では
     ないですから、それで、 「 次は、靖國の社頭で会おう 」 と安らかな言葉を遺
     せます。
     
     
        結   論
     
     メスが傍にいると強いのを活かせば良い。私は常に運命の女神が傍に居る
     と想像して彼女を魅了することを考えながら生きています。
     
     
                  皇紀 2672年 10月 17日(水)

コメントをどうぞ