六月のチラン(祖國よさらば)

英霊の言乃葉を画像で表示(右クリックでダウンロードできます)

陸軍大尉 枝 幹二 命
  第六航空軍司令部
  昭和二十年六月六日
  沖縄方面にて戦死
  富山県出身
  二十三歳

(六月五日)
あんまり緑が美しい
今日これから死に行くことすら忘れてしまひさうだ
眞青な空
ぽかんと浮ぶ白い雲 六月のチランはもうセミの声がして夏を思はせる

“小鳥の声がたのしさう俺もこんどは小鳥になるよ”日のあたる草の上にねころんで杉本がこんなことを云つてゐる笑はせるな

本日一四、五五分
いよいよ知ランを離陸する なつかしの祖國よ
さらば
使ひなれた万年筆を“かたみ”に送ります。

  【平成十五年六月?國神社社頭掲示】

タグ: , , , , ,

コメントをどうぞ