‘本会主催行事’ タグのついている投稿

第11回皇居勤労奉仕

2016年3月1日 火曜日

平成28年2月29日から3月3日の4日間実施。

部員6名、一般参加者30名、計36名参加。

奉仕2日目に皇太子殿下より、3日目に皇后陛下よりご会釈を賜った。

奉仕内容は皇居内や赤坂御用地での落ち葉掃きや草むしりなどが中心であった。

第11回皇居勤労奉仕結団式・講話

2016年2月28日 日曜日

平成28年2月28日実施。

勤労奉仕参加者36名(部員6名、一般参加者30名)と結団式のみの参加者22名(部員17名、OB,OG5名)、計58名参加。

部長からの挨拶と、奉仕団長からの決意表明の後、あさなぎ顧問の高森明勅先生より講話を頂いた。

第17回公開シンポジウム助勤奉仕

2016年1月17日 日曜日

平成28年1月17日実施。

部員11名、OB,OG3名、計14名参加。

中部大学教授の武田邦彦先生の「生きるということ 科学的視点から見た歴史と祈り」と題したシンポジウムで、受付と会場整理等の助勤奉仕を行った。

第8回大阪護國神社英霊慰霊顕彰勉強会

2015年9月12日 土曜日

平成27年9月12日実施。

部員10名、OB1名、計11名参加。(他、約140名の一般参加者も聴講)

立命館大学フェローの加地伸之先生の「慰霊とは何か―神道・儒教のこころ」と題した講演を伺った。

また、勉強会にあたって、会場準備、受付、会場内誘導等の助勤奉仕も行った。

みたままつり助勤奉仕

2015年7月16日 木曜日

平成27年7月13日から16日に実施。

4日間で延べ20名が奉仕に参加した。

崇敬奉賛会の入会受付などをはじめとした助勤奉仕を行った。

第10回皇居勤労奉仕

2015年3月2日 月曜日

平成27年3月2日から5日に実施。
あさなぎ部員8名を含む、44名が参加。
奉仕初日には皇居蓮池参集所にて天皇皇后両陛下から、奉仕2日目には赤坂御所にて皇太子殿下からご会釈を賜った。
奉仕作業は皇居の宮殿周辺や東御苑内、また、赤坂御用地の庭園などで清掃作業を行った。

第10回皇居勤労奉仕結団式

2015年3月1日 日曜日

平成27年3月1日(日)実施。
皇居勤労奉仕者44名(部員8名、一般参加者36名)を含む約80名が参加。
3月2日から5日の皇居勤労奉仕に先立ち、顧問の高森明勅先生から皇居勤労奉仕の歴史についてご講義を頂く。
講義終了後に靖国会館にて壮行会(懇親会)を開催した。

第10回定例総会

2015年3月1日 日曜日

平成27年3月1日(日)実施。
部員30名、OB4名、来賓4名、崇敬奉賛会事務局2名の計40名参加。
定例総会に先立ち昇殿参拝を行った。
会議冒頭に青年部長から開会挨拶があり、その後、来賓方々からご祝辞を頂戴した。
議案はすべて事務局提案のとおり承認された。
議事終了後に、新役員を代表して新青年部長から挨拶があり、その後、皇室の弥栄を祈念して、新関西支部長の先導の下、参加者全員で聖寿万歳を奉唱して閉会となった。

第8回大阪護国神社英霊慰霊顕彰勉強会[百地章先生]

2014年9月21日 日曜日
平成26年9月21日(日)実施。
部員14名のほか崇敬奉賛会会員多数が参加。
百地章先生(日本大学法学部教授)による「靖国問題の解決に向けて」と題した講演を頂いた。
政教分離について判例や外国の現状を解説いただき、?國神社を巡る状況への理解を深めることができた。
講演会後は、懇親会を行い、講師と部員との懇親が図られた。
平成26年9月21日(日)実施。
部員14名のほか崇敬奉賛会会員多数が参加。
百地章先生(日本大学法学部教授)による「靖国問題の解決に向けて」と題した講演を頂いた。
政教分離について判例や外国の現状を解説いただき、?國神社を巡る状況への理解を深めることができた。
講演会後は、懇親会を行い、講師と部員との懇親が図られた。

みたままつり助勤奉仕

2014年7月13日 日曜日
平成25年7月13日(土)?16日(火)実施。
4日間で延べ24名参加。
崇敬奉賛会入会受付などを始めとした助勤奉仕を行った。
平成26年7月13日(日)?16日(水)実施。
4日間で延べ20名参加。
崇敬奉賛会入会受付などを始めとした助勤奉仕を行った。